内閣府≒殺人犯

文科省の再調査によって、内部文書が存在したと認めた時点で、加計学園認可において、

政府最高レベルの関与があったと認めるのが、常識的に普通の事。

事前に知られてた交友関係や利害関係から当然とも言える事実が明らかになったにも関わらず、

安倍総理はじめ、萩生田内閣官房副長官、藤原豊審議官らは、これも予想通りというか、

ことごとく事実を否定したが、これも犯罪者特有の心理なのだろう。

最近頻発する殺人事件でも、防犯カメラで撮られているにも関わらず、ほとんどの

容疑者は最初は容疑を否定する。

政権にしがみつきたい気持ちも分からぬわけでもないが、事実は事実と認め、

ご自身の発言を責任をもって履行するのが、潔い政治家というものではないのか?

このまま国会が事実をうやむやにしたまま終焉してしまうとしたら、

後世の子孫に平成時代にも正義が存在したと示せるのは有権者だけである。


posted by gaag at 09:11| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の浅間山と小諸発電所第一調整池

今日の浅間山と小諸発電所第一調整池
posted by gaag at 00:32| 長野 ☀| Comment(0) | 信州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

大地の怒り

乗船中に「ドン」 西之島の噴火、写真家・三好さん撮影

6/17(土) 0:29配信

朝日新聞

 東京・小笠原諸島の自然などを収めた「楽園」シリーズで知られる、写真家の三好和義さん(58)が16日、西之島が爆発的に噴火する様子を撮影することに成功した。乗船していた客船「にっぽん丸」の船上から、約2キロ離れた島の噴火の様子を撮影した。


 三好さんによると、船が約1時間、島の周囲を巡る間に数分に1度噴火が続いたという。噴火すると「ドン」という爆発音が少し遅れて聞こえ、黒い火山灰も降ったという。

 夕暮れとともに溶岩の明るさが際立つようになった。三好さんは「こんな迫力のあるシーンを撮影できるとは。赤い溶岩で浮かび上がった山の形も美しく、興奮しました」と話した。

 2013年、西之島近くの海底が噴火して新島ができ、その後の活発な火山活動で西之島とつながった。しばらく活動が収まっていたが、今年4月に約1年5カ月ぶりに噴火。気象庁は火口から1・5キロの範囲で噴石に警戒するよう呼びかけている。

朝日新聞社

************************

安倍政権延命のために、誰にでもわかる嘘で、強引に幕引きを図る、

不誠実極まりない、わが国の政治姿勢に、ついに大地も切れたようだ。

このまま安倍政権の継続を許すようだと、富士山の噴火も近いだろう。

posted by gaag at 06:06| 長野 ☀| Comment(0) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一言足りない

<通常国会>失言、疑惑、隠蔽三昧 「安倍1強」ゆがみ露呈

6/16(金) 21:42配信

毎日新聞


第193通常国会は16日、事実上閉会した。安倍政権が最重要法案と位置づけた改正組織犯罪処罰法は参院法務委員会の採決を省略する乱暴な国会運営によって成立した。5カ月間の会期中は政権側の疑惑や失言が相次ぎ、その影響を抑えようと、情報隠蔽(いんぺい)と強弁が繰り返された。常に安倍晋三首相の意向をそんたくして動く与党と官僚。「安倍1強」のゆがみがあらわになった国会だった。【政治部編集委員 平田崇浩】
**************************
このレベルの説明で、国民の了解が得られると安倍総理に思われているほど、日本国民が
バカであるかないかは、次の選挙で明らかになります。
時代の悪戯なのか、トランプ政権と安倍政権が
完全にシンクロしている。



posted by gaag at 00:08| 長野 ☀| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

勘違いでした

山本太郎氏「恥を知れ!」絶叫 福島瑞穂氏ら「牛歩」抵抗

6/15(木) 12:13配信

産経新聞


 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が成立した15日午前の参院本会議では、自由党の山本太郎共同代表、社民党の福島瑞穂副党首らが、採決時にゆっくり歩いて投票を遅らせる「牛歩」戦術を展開した。(以下略)

***************************

アクセスランキングだけ見た時、

牛歩戦術に向かって「恥を知れ!」と言ったのかと思った。

海外から見たら、何とも奇異な光景に見えると思うけど。


posted by gaag at 23:40| 長野 ☀| Comment(0) | どーでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Eurovision 2017 より

誰が優勝したのか、まだ知りませんが、私が審査員ならこの3曲を選びます。

今の気分がかなり影響してると思います。

Nathan Trent - Running On Air (Austria)

OG3NE - Lights And Shadows (The Netherlands)

NAVIBAND - Historyja Majho Zyccia (Belarus)

posted by gaag at 22:52| 長野 ☀| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何でショックなのだろう?

野際陽子さん13日に亡くなる、81歳

6/15(木) 20:19配信

スポーツ報知


 「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」など多くのテレビドラマで活躍した女優の野際陽子さんが13日に死去したことが15日、分かった。81歳だった。関係者によると通夜、葬儀は終了したという。現在放送中のテレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷」(月〜金曜・後12時30分)にレギュラー出演しており、突然の訃報に周囲も驚いている。

 昨年4月に一部週刊誌で、2014年に肺がんを患い治療し、15年に再発し腫瘍の摘出手術を受けたことが報じられた。所属事務所は「野際は健康問題を含め、個人的な事柄につきまして公にコメントすることは遠慮させていただきたい」と回答。「今までもいくつかの病を経験してはおりますが、元気で明るく過ごしております」とコメントしていた。また、今年3月16日に行われた「やすらぎの郷」制作発表は、メインキャストの中で野際さんだけが欠席していた。

 野際さんは富山県富山市生まれ。3歳から東京・杉並で育ち、立教大卒業後の58年には、合格率0・3%の狭き門を突破してNHKにアナウンサーとして入局した。60年から同局「おはようみなさん」の司会などで活躍したが、62年にNHKを退職。同年、広告代理店で3か月勤めた後、フリーアナとしてTBS系「女性専科」の司会を務めた。

 63年にTBS系「悲(ひ)の器」で女優デビュー。大学時代に劇団に所属していたこともあって、以後は女優として活躍していく。66年にはあこがれだったフランスのソルボンヌ大学に留学し仏文学を学んだ。帰国後の68年、TBS系「キイハンター」で女優復帰したが、同番組は5年間放送され、最盛期には視聴率30%を超えるなど大ヒット。野際さんの代表作となった。

 73年には「キイハンター」で共演した千葉真一(78)と結婚。75年に長女で女優の真瀬樹里(42)を出産したが、94年、米に活動拠点を移そうとした千葉に対し「アメリカには行けない」と希望し離婚した。

 92年のTBS系「ずっとあなたが好きだった」で息子を溺愛する姑役のイメージが定着。安定感のある演技を見せ多くのドラマに出演した。NHKのアナウンサー時代から交流のある女優の黒柳徹子(83)と公私ともに交流が深く、テレビ朝日系「徹子の部屋」には女性ゲスト最多の21回出演していた。

*****************

特にフアンでもなく、気にかける女優さんでもなかったのに、パソコン開いた途端

目に飛び込んできた野際さん他界のニュース・・・ショック・・・・

心にポツンと小さな穴が開いたよう・・・

文科相、官房長官の嘘など、どーでもよくなった。

こんな気持ちになるとは思わなかった。

ご冥福を祈ります。。。

posted by gaag at 21:18| 長野 ☀| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝の夢

前職の大工仕事を親方と2人でしていて、私がバーのカウンターのようなものを

取り付けていると親方が来て、カウンターの天端に縁を回さないとダメだと言うのですが、

普通はやらないと思うのですが、私は素直に「ハイ」と返事してました。


***********************


最近ここでも夢の記録を始めましたが、

はるみえどブログ

では、2008年元旦から記載を始めています。

よかったら見て下さい。

posted by gaag at 05:28| 長野 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

ついに言ってしまった

サンピアから帰る頃始まる某ラジオは、家に着くまでの定番の楽しみになっています。

で、その第一曲目は決まってヘビメタ系がほとんどなのですが、米英であれ、

北欧系であれ、時々邦楽ヘビメタであれ、みな同じように聞こえてしまうのです。

時々スウェーデン系がちょっとメロディアスかな、と感じることもありますが、

ほとんどのバンドに共通する型があって、どれを聴いても演歌を聴いてるような

感覚があり、残念ながら刺激をいただく事はまずありません。

その共通パターンとは、ハイテンポのギターリフから始まり、絶叫型ロングトーン混じりの

コピー系ボーカルの曲に、旋律とはあまり同調してないギターテクお披露目型

早弾きギターソロが、お決まりのように必ず導入、という完成されたヘビメタの基本に

忠実なバンドばかりで、聴くたびいつも物足りなさを感じております。

一生懸命演奏してる方々には酷な言い方かもしれませんが、毎日感じる事を、押さえ続ける

事ができませんでした。すみません・・・

posted by gaag at 01:09| 長野 ☀| Comment(0) | どーでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする