2017年02月25日

怒れて笑える今日のお勧めブログ

無断でリンクさせていただき恐縮ですが

くじり格子さんの最新のブログ

は見ても楽しい、ためになる、そんな動画があります。

ぜひご覧ください。できれば拡散してほしい。

posted by gaag at 19:03| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

北朝鮮は特別な国

正男氏の息子ハンソル氏、暗殺警戒し留学断念=中国警告、厳戒のマカオへ戻る―英紙

時事通信 2/20(月) 5:32配信


 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏暗殺に絡み、英紙メール・オン・サンデー(電子版)は19日、正男氏の息子ハンソル氏(21)が事件前、中国当局に北朝鮮工作員による暗殺の危険性を警告され、昨年9月からの英オックスフォード大学大学院への進学が一度は決まりながら、諦めていたと伝えた。

 中国筋は同紙に対し「中国が不機嫌になるのは困るから正恩はあえて中国で暗殺はしない。しかし、英国は危険だ」と述べた。

 ハンソル氏は2013年、ボスニア・ヘルツェゴビナのインターナショナルスクールを卒業。フランス屈指のエリート校、パリ政治学院に合格し、パリ郊外で3年間、政治学を学んだようだ。メール紙によると、恋人ソニアさんと共に、昨年9月からオックスフォードに進学するはずだった。

 しかし、ちょうど合格通知と同じころ、中国の治安当局から、正男氏とハンソル氏の暗殺を、正恩氏が企てている恐れがあると知らされた。中国やマカオを離れれば北朝鮮が暗殺団を送り込んでくると父子に警告したという。

 英国留学を断念したハンソル氏は18日時点で、母親や妹(18)と一緒にマカオの厳戒下の集合住宅で暮らしている。近隣住民は、正男氏暗殺の少なくとも3カ月前から、武装警官が警備を強化していたと証言した。 

***********************

基本的に他国への内政干渉は認めるべきではないと思う。

ただそれは、軍事的介入に限ったことで、対話による干渉は

認めてもいいと思う。

日米安保体制を含む欧米のイラクへの干渉は、

ご存知の通り、中東を地獄のような世界に導き、誤りだったことは明らかだ。

しかし、北朝鮮の場合は特別だ。

政府を批判しただけで、公開処刑される事を知ってる国民は、

疑心暗鬼になり、友人同士でも、国家転覆の話などは勿論、

批判する事さえも、通報を恐れて切り出せないのではないだろうか。

だから、北朝鮮が内側から変革をしていく確率は、極めてゼロに近い。

となると国連加盟国の思いやりに期待するしかないのだが、

残念ながら国連の影響力は極めて微力で結束力も弱い。

となるとまた繰り返しになるが、

デューク東郷氏に頼むしかないのではなかろうか。

同じ惑星の中で、一方ではゲームばかりに熱中していられるかと思えば

他方では食べることさえ困難で、改善されるメドさえ立たない。

そんな不条理は一刻も早く改善されなければいけないが、

そこまで視野に入れるのが当然と考える、チャップリン氏のような

政治家が現れないののが、地球の悲劇の一つだ。

posted by gaag at 10:58| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

有力者

翁長知事、米で有力者に会えず マティス氏とは入れ違い

朝日新聞デジタル 2/4(土) 19:22配信


 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が3日(日本時間4日)、訪米で予定された日程を終えた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対をトランプ政権に訴える目的だったが、有力者には会えず、逆に米国防長官が入れ違いに訪日して辺野古移設推進を再確認する結果となった。


 「(面会者の)3分の1くらいは、沖縄の問題が出たら今日聞いたことを伝えて議論したいと言ってくれた。(過去と比べて)柔軟な議論が出来た」。3日夕、翁長知事はワシントンで会見し、成果を強調した。

 翁長氏が基地問題を訴える目的で訪米するのは、2014年末の就任以来3度目。今回は下院議員12人や政府機関の日本担当者らと面会したほか、大統領も参加する朝食会で、ティラーソン国務長官にも接触した。ただ、ティラーソン氏とはあいさつを交わした程度で、トランプ氏に近い議員らとの面会もできなかった。面会できた国務省の日本部長らは「辺野古が唯一の解決策」と日本政府と同じ見解を示した。

 翁長氏の周囲の状況は厳しさを増している。訪米のさなか、マティス米国防長官が来日して安倍晋三首相や稲田朋美防衛相らと会談し、「辺野古が唯一」を再確認。政府は今月6日にも辺野古の海上での新たな工事に着手する構えだ。

 足元も揺らぐ。側近中の側近だった安慶田(あげだ)光男氏が教員採用をめぐる口利き疑惑で副知事を辞任し、後任は空席のまま。1月には宮古島市長選で自身が支援した候補が敗れた。

 こうした状況に、県内からも冷ややかな声があがる。5日に告示される浦添市長選で自公が推す現職の集会に参加した中山義隆・石垣市長は「知事は訪米するより、政府に頭を下げて日本で国防長官に会わせてもらった方がいい」と皮肉った。

 今回の訪米で、辺野古移設阻止に向けた決意が「かえって強くなった」と語った翁長氏。ただ、辺野古移設を阻止する方法について問われると、「戦術は言えない」と明言しなかった。(小山謙太郎、ワシントン=吉田拓史)

*******************************

一番の有力者は国民のような気もしますが。

posted by gaag at 09:11| 長野 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

安倍氏が日本の総理かアメリカ州知事か判明する日?

日米首脳電話会談 トランプ米大統領「約束したことはやる」 公約実行の決意を強調 初の直接会談へ厳しい局面の予感 

産経新聞 1/29(日) 2:03配信


 「大統領の一挙手一投足を世界が注目している」。米大統領にトランプ氏が就任して初めての日米首脳電話会談で安倍晋三首相はトランプ氏にこう伝えると、トランプ氏は「約束したことはやる。スタートが大事だ」と語った。

 首相の発言はトランプ氏の政策や手法に国際社会から懸念が出ていることを遠回しに伝えたものだ。だが、トランプ氏は大統領選中に掲げた公約を実行する決意が揺るがないことを強調したのだった。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に代えた日米2国間での新たな自由貿易協定(FTA)締結といった具体的な話に及ばなかったのも、トランプ氏が通商政策をはじめとする自身の考えは不変であることを示唆したものだ。

 安倍首相は会談後、記者団の前に現れたが、その表情はやや硬かった。発言で「経済」という言葉を、安全保障や日米同盟の前に真っ先に挙げたのも、トランプ氏の手ごわさを感じたからかもしれない。

 電話会談に同席した政府関係者によると、会談の雰囲気は「非常に和やかだった」という。昨年11月の会談がプラスに作用したというが、2月10日の初の首脳会談が相当厳しい局面になることを予感させた。

********************
データに基づかない公約ばかり守るのも困りものだが、おそらく
在日米軍経費の日本負担増を求めてくるのだろうけど、
それに服従するのか拒否するのかで
安倍総理の実像が顕在化してくるものと私は注目している。
posted by gaag at 09:13| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

トランプ氏が称賛

<ロシア>プーチン氏、報復措置あえて実施せず 米制裁に

毎日新聞 12/30(金) 22:50配信


 【モスクワ真野森作】「オバマ政権がこのような形で仕事を終えることを残念に思う」。米国の対露制裁について、プーチン露大統領は30日、声明で淡々と言及した。露側としては報復措置をあえて実施せず、対露関係改善に積極的なトランプ次期大統領の今後の対応を注視したい考えとみられる。

 ペスコフ露大統領報道官は29日、露メディアに対し今回の制裁を「事実無根で国際法違反だ」と非難し、(1)米露関係の決定的な阻害(2)トランプ次期政権の外交プランへの打撃−−という二つの目的があると強調した。

 2012年に発足した第2次プーチン政権とオバマ政権の関係は当初から良好ではなかった。オバマ氏は同性愛者を巡る人権状況を主な理由に14年2月の露南部ソチでの冬季五輪開会式に参加せず、五輪終盤に起きたウクライナ危機で対立は決定的となった。

 米大統領選を狙ったサイバー攻撃も、長引く米露対立が背景にあるとみられる。ロシアは、ジョージア(グルジア)やウクライナなどの旧ソ連諸国で起きた政変の黒幕を米国政府とみなし、繰り返し非難してきた。米国に影響圏を侵食されてきたとし、米大統領選で反転攻勢に出た形だ。トランプ氏の当選後は、新政権発足後に米露関係を仕切り直そうとのプーチン政権の姿勢が明白になっている。

 また今回の制裁は日露関係にも影響しそうだ。安倍晋三首相とプーチン氏は今月中旬、北方領土での共同経済活動の協議開始で合意し、日露の経済協力も拡大していく方針。安倍首相は来年も訪露する強い意欲を示している。外交筋は「日露関係の進展は良好な米露関係の方がやりやすい」とみており、トランプ氏の対応とロシアの反応が焦点となりそうだ。

**********************

私の嫌いな政治家同士が歩み寄りの兆しを見せている。

中東紛争終焉への序章になれば良いのだけど、この2人が

他国との共生関係を望むようになる日は来るのだろうか?

私にはまだ本当のトランプ氏がよく解らない。

posted by gaag at 09:07| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

こんな独裁者になってほしい

great dictator 


この映画はナチスが台頭しつつあった1940年10月15日、

第二次世界大戦の最中にアメリカで公開されたものであることを

追記しておきます。ちなみに日本で公開されたのは、

それから20年後の1960年10月22日です。

posted by gaag at 09:58| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごもっともな言い分

プーチン氏とは隔たり=歯舞・色丹引き渡しで―安倍首相

時事通信 12/17(土) 18:58配信


 安倍晋三首相は17日、日本テレビのインタビューで、北方領土のうち歯舞、色丹2島の平和条約締結後の引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言について、「主権を返すとは書いていないというのがプーチン・ロシア大統領の理解だ。その点で日本側と齟齬(そご)がまだある」と述べ、両首脳間の見解の隔たりを認めた。

 
 首相は大統領来日時の首脳会談で、領土問題について「突っ込んだ議論」を行ったが、2島の返還をめぐり平行線だったことを示唆した格好だ。

 また、首相はインタビューで、ウクライナ問題で日本が実施している対ロ制裁に関し、「制裁の解除が(領土交渉の)条件だという話は一切なかった。制裁は不愉快だろうが、日ロ関係の前進はそれをのみ込む価値があると(大統領は)理解している」と述べた。 

*********************

プーチン氏曰く、

日米が緊密な関係にあるなかでの北方領土返還は

ロシアの安全にとって脅威である

らしいが、言われてみればその通りだと思う。

もっとも、ロシアの民意は返還反対が多数派だろうから

日米安保が無くても返還は困難だろう。

敗戦国の宿命として本当に返還を望むなら

経済協力以上の、それ相当の対価をロシアに

提示する必要があるだろう。


posted by gaag at 08:37| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

小池さん

少し前までは、小沢氏や細川氏、小泉氏といった、権力の周辺を
渡り歩く風見鶏的なイメージしか無かった小池さんだけど
都知事に就任してからの言動を見てると
これまでの政治家に無い、どんなに波風立てようとも
間違った事は間違ってると堂々と言える、
強い信念を持った人だなぁと、不信感が期待に変わりつつある。
都議会での変則的質問と野次で抵抗するしかない
自民党都議とのやりとり見てると、その人格の違いが鮮明になった。v
posted by gaag at 06:36| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

ロシア人は平和を望まない?

ロシア議員ら「平和条約不要」=プーチン大統領に公開書簡

時事通信 12/10(土) 5:28配信


 北方領土を事実上支配するロシアのサハリン州議会議員や学者ら約40人が、15日に訪日し首脳会談に臨むプーチン大統領に宛てた公開書簡を発表し、日本への領土引き渡しにつながる平和条約締結について、「明らかな時代錯誤」であり不要だと訴えた。

 ロシアのメディアが伝えた。

 60年前の1956年12月に発効した日ソ共同宣言は、平和条約締結後に歯舞、色丹2島が引き渡されると明記している。議員や学者らは、領土で譲歩するくらいなら、平和条約は必要ないと強弁した格好。領土引き渡しへの反対が、保守派を中心に根強いことを浮き彫りにした。

 公開書簡は「日本にとって平和条約は目的ではなく、利己的で歴史的・法的根拠のない領土要求を実現する手段だ」と主張。その上で「(ロシアと)ドイツとの間に平和条約は結ばれていないが、全面的かつ充実した2国間協力の障害とはなっていない」と例示し、平和条約不要論を唱えた。 


************************************

ロシアが歯舞色丹を日本に返還する義務も、日本が返還を

ロシアに強制する権利も存在しないが、戦前日本の領土であった

事実を無視して、歴史的根拠が無いと決め付けたり、

領土問題のみを理由に

平和条約不要とする姿勢の方が

私には時代錯誤に思える。

地球上で一番知性があるはずの人類が、子孫の為を想い、

お互いに明るい未来を築こうという気持ちが少しでもあるなら、

日本もロシアも返還交渉を棚上げしてでも、友好的な共生関係を

 築けるよう努力すべきだと思う。

posted by gaag at 21:23| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

今朝のサンデーモーニングを見て

当選した途端おとなしくなったトランプ次期大統領に対する


世界数カ国のトップのコメント見てると、社交辞令かもしれないけど


歓迎する空気が大勢で、悪い方向に向かうのではと危惧したり


不安を感じるリーダーは少数派のようだ。


ドイツのメルケル首相のような、人種、宗教の垣根を無くそうと


努力するような指導者が多数派にならないと


世界は3度目の過ちを繰り返すような気がする。

posted by gaag at 09:03| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

政治塾

私には、虎の威を借る狐にでもなろうとしてるようにしか見えない


現状に不満を持ってそうな人達が大勢集まっていましたが、


 そもそも政治って何だろう?と思いました。


小池さんが細川さん〜小沢さん〜小泉さんと渡り歩いてきた中で


何を学んだかは知りませんが、今、豊洲や2020年東京五輪開催で


問題になってることは、長年の単独政権が築きあげた政治家と


官僚の馴れ合いによる、税金の無駄遣い利権構造に原因があると


思う訳で、それが顕著に現れている自治体の長になった小池さんが


やるべきことは、そうした利権構造の解体にあると思うのです。


政治塾で何を教え、何を目指しているかは分かりませんが、既存の


枠組み前提の政治塾には正直、期待してるものはありません。それでも


都知事就任後、今のところ都政の膿の一部にメスを入れたまではいいですが、


今後どのように膿を摘出していくのか、その手腕には意外と期待してます。

posted by gaag at 12:05| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

生かされない教訓

泣き叫び、子どもの名前呼ぶ女性 横浜・小1死亡事故

朝日新聞デジタル 10/28(金) 10:50配信


 近所に住む60代の女性によると、事故現場は南北にのびる一方通行のバス停付近。軽トラックが小学生の列に突っ込んだとみられる。女性は「ベランダで洗濯をしていたら、ドーンというものすごい音がした」。驚いて通りに出ると、子どもたち数人が倒れ、母親とみられる女性が泣き叫びながら子どもの名前を呼んでいた。軽トラックの運転手は高齢の男性で、車内でぼうぜんとしていたという。

 救急車が到着するまで、近所の人たちがけがをした子どもたちの手当てをし、無事だった子たちもおびえている様子だったという。(水戸部六美)


****************************:


ストーカー殺人、高齢運転手による死亡事故、


あと何回繰り返すのでしょうか?


国会議員の怠慢を感じます。

posted by gaag at 19:53| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

アメリカの宝

昨日最後まで見れなかった


ジョーンバエズさんのライブ


また最初から最後まで全部見ました。


声に若い頃の透き通るようなツヤはありませんが、


ありきたりですが、円熟というのか、渋いというのか、とても


聴き応えがあったし、75歳とは思えない魅力は共演者とともに


アメリカの一時代を作ったアーティスト達は健在という感じでした。


最後がポールサイモンさんというのも何とも贅沢なライブです。


アメリカの文化は素晴らしいものがありますが、


政治の世界となギャップは何なんだろう?と思ってしまいます。


特に今のトランプVSヒラリーの醜態は同じ国とは思えません。


posted by gaag at 01:17| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

こういう時こそ税金を投入して

台風10号、秋の味覚に大打撃 「回復に十数年かかる」

朝日新聞デジタル 9月4日(日)21時29分配信




 台風10号の豪雨は、秋の味覚にも大きな打撃を与えた。ジャガイモなどの一大産地である北海道・十勝地方で農地が広範囲で冠水し、流通網も寸断された。食卓への影響が懸念されている。


 「一夜にして畑が泥の湖になった」。流木が散乱する畑に立ち、帯広市の高嶋敏彦さん(43)は嘆いた。

 台風10号で、北海道では18河川が氾濫(はんらん)した。高嶋さんの35ヘクタールの畑でも近くの戸蔦別(とったべつ)川が氾濫し、収穫間近のジャガイモやテンサイ、スイートコーンが軒並み冠水した。冠水すると傷んだり腐ったりし、大半が売り物にはならない。

 農家の5代目。富山県から入植した初代から100年以上、畑を耕してきた。3日に畑の水は引き、家族総出で、出荷可能な一部のジャガイモを掘り出す作業に追われた。

 被害額は4千万円近い。長年維持してきた表土が流され、肥料を入れて元に戻す作業が待っているが、敏彦さんは「回復には十数年かかる。先のことは考えられない」と言う。

 清水町では断水が続き、牛への水やりや搾乳機器の洗浄がままならない。乳牛65頭を飼う梶山一幸さん(61)は「牛舎が浸水したし、牧草地はぬかるんで刈り取りできない」と話す。

 台風10号の前に連続して北海道に上陸した三つの台風と合わせ、道内の農地被害はすでに約1万6千ヘクタールを超えた。被害は十勝地方や、タマネギ産地のオホーツク地方に集中する。芽室町では、スイートコーンの缶詰工場や農機具メーカーの工場も浸水した。

 流通網も寸断された。道東地方から本州へ向かうJR根室線は複数の橋が流され、復旧のめどは立っていない。例年ならジャガイモなどを運ぶ貨物列車が運休している。(上地兼太郎、池田敏行)

朝日新聞社


*************************


 被災地を守るべきだと思う。


五輪や豊洲移転に関してあまりにも不明な税金の使われ方が


 多すぎる。

posted by gaag at 06:54| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

世界中が知恵を出し合って

北朝鮮写真報告>映像に記録された少女たちの受難(2) 

アジアプレス・ネットワーク 9月4日(日)5時10分配信

20160904-00010000-asiap-000-3-view.jpg

北朝鮮全土が未曽有の大飢饉の最中にあった1998年の早春、私は北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンプクド)に三週間余り滞在する機会を得た。日本で寄付金を募って食糧支援をすることになり、そのモニタリング活動をすることになったのだ。

【関連写真を見る】 映像に記録された少女たちの受難 90年代飢饉の悲劇(写真4枚)

訪問地の一つ、羅津(ラジン)市を拠点にして周辺地域を周ることになった。宿泊していた南山ホテルの周囲には、いつも「コチェビ」(ホームレス)の群れがたむろしていた。役人やホテルの警備員は、外国人相手に物乞いをする子供たちを追い払うため、しばしばビンタを張った。

ホテル前に毎日姿を見せる小さな女の子がいた。シラミにたかられていつも頭をごしごし掻いていたので、私は彼女のことを密かに「シラミちゃん」と名付けた。

私はジャンパ―のポケットに、中国から持ち込んだ支援用のお菓子をしのばせ、隙を見てお腹を空かせている子供たちに手渡した。警備員の眼を盗んで駆け寄って来る「シラミちゃん」とは、毎日一言二言ことばを交わすようになった。両親は? 家はどこ? と訊くと、「父さん母さんはいません。アパートの階段でトンムたち(友達)と一緒に寝ています」と、簡単に身の上を話してくれた。

「シラミちゃん」とのやり取りを記録しようと思い立ち、首からビデオカメラをぶら下げてジャンパーの中に隠し、スイッチを入れて「シラミちゃん」が来るのを待った。写真は、その時に撮影したものである。

4歳だという「シラミちゃん」は、私からお菓子を受け取ると、「コマプスムニダ」(有難うございます)と言ってぺこりと頭を下げた。「コチェビ」少女が律儀に挨拶するのが、私にはちょっとした驚きだった。

モニタリング活動をなんとか終えて中国に出国した私は、北朝鮮から非合法に越境して来た人たちの聞き取り調査を再開した。インタビューさせてもらった40代の女性に、「シラミちゃん」とのささやかな「交流」のことを話した。母親でもある彼女はこう言った。
「その子は、親が死んだか、別れたかして間もないはずですよ。だって礼のしつけを守っているんですから」

あれから18年。「シラミちゃん」のことが、今でも時々思い出される。(石丸次郎)


****************************************


救済されるべき国、沢山ありすぎる残念な地球。


なのに、私利私欲に走る似非先進国を中心とした国連は


 自国の安定すらおぼつかず、あまりにも無力だ。


世界の指導者たちは、地球が人類に対して牙をむいていることを


認識し、これを沈静化するには、国が違えど同じ一つの


惑星を共有してることを認識し、


競争から共有、対立から融合


への未来に向かって知恵を出し合って、話し合う機会を作る必要がある。


G20で議題となる地球温暖化の問題も、結局はここにかかっている。




posted by gaag at 10:02| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

平和

次の元号はこれにして欲しいが、


パチンコメーカーの社名でもあるので、


微妙なとこネ

posted by gaag at 18:25| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

削除しました

都知事選の投票率ですが、テレビの情報と確定投票率が


違っていましたので削除しました。


それでも4割もの有権者が棄権するとは悲しいことです。

posted by gaag at 01:13| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

右も左も、わかっているようで解っていない

都知事選 桜井誠氏「共産党は帰れ!」 鳥越氏支援の共産とマイクの応酬

産経新聞 7月30日(土)14時35分配信


 東京都知事選(31日投開票)に立候補している「在日特権を許さない市民の会」の前会長、桜井誠氏(44)は選挙戦最終日となった30日正午ごろ、新宿駅南口で街頭演説に立ち、外国人の生活保護廃止などを改めて主張し、「日本人の権利は守らねばならない」と訴えた。炎天下の中でも約400人の支持者が集まり、桜井コールが巻き起こった。

 また、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏を支援する共産党関係者が同駅南口の反対車線で演説をしているのに目を付け、「共産党は帰れ!」とシュプレヒコールをあげる場面もあった。

 正午前に桜井氏が現れると、集まった聴衆から拍手があがった。選挙カーに登った桜井氏は、反対車線の共産党関係者に「女性の権利を守るという共産党が、週刊誌で女性問題について報道された鳥越氏を支援するのはどういうことだ!」と“公開質問”を投げかけた。その後も「4日前から自分はここでやると主張してきたのに、共産党が(同じ場所で演説をして)選挙妨害をしている」と批判。共産関係者も「桜井氏が妨害している」と互いのマイクで応酬を繰り広げた。

 政策では「外国人への生活保護を廃止する」「韓国人学校の建設を中止し、保育所を作る」などと主張。「財源を示しているのは自分だけ」と支持を訴えた。

 また、「選挙に出るのは今回が最後。人生をかけてやるのが選挙だ。受かっても落ちても(出馬は)今回だけ」と背水の陣であることも強調した。


**********************************************

ウィキペディアによると右翼っぽい印象が強いが


宇宙には、上も下も、右も左も無い。


そんなものを妄信、固執して人間を分断しようとするものは


政治家には向いていない。

posted by gaag at 12:02| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

どうしてクリントンさんが好きかというと

「アメリカが第一」トランプ氏指名受諾演説

日本テレビ系(NNN) 7月22日(金)15時5分配信

 アメリカ大統領選に向けた共和党大会は、大統領候補に指名されたトランプ氏が指名を受諾する演説を行い、4日間の日程を終えた。会場から田口舞記者が伝える。

 大会はさきほど閉会したが、会場には今も高揚感が残っている。演説は予定を大幅にオーバーして1時間以上続き、ここ40年で、大統領候補の受諾演説では最も長い演説となった。

 その中でトランプ氏が強調したのは、アメリカの利益が最優先という「アメリカ第一主義」だった。

 トランプ氏「アメリカがまず第一だということ。グローバリズムではなくアメリカニズム(アメリカ第一)が信条だ」

 トランプ氏はこの信条をもとに、オバマ政権の失策で失われた雇用回復や治安改善を進めると訴えた。一方、大半を占めたのが、オバマ政権で国務長官をつとめた民主党のクリントン氏への攻撃だった。

 トランプ氏「クリントン氏が残したのは、死、破壊、テロ、そして弱さだ」

 また、クリントン氏がアメリカの外交を担当するようになってから、「アメリカと世界は安全からほど遠くなった」と批判した。

 トランプ氏にとって一世一代の演説、しかし目新しいメッセージや政策の具体性には欠けた印象だった。今回の党大会でも「分裂」が印象づけられた共和党が団結できるのは、「クリントン氏への批判だけ」とやゆされる現状を反映した演説となった。


***********************************

「USA!」 「USA!」を連呼し、戦前の悪夢を連想させる

トランプ陣営が勝つよりは、

UFO情報公開をささやかに掲げるクリントンさんの方が


他の政策を抜きにして、個人的には期待が持てる。


アメリカがひた隠しにしてる情報には、バチカンも今だに公開していない


ファティマ第3の予言と同じく、人類の起源に関わる、


社会を根底から覆すような、重大な情報が含まれていると思われるので、


似非イスラム国の独善的な論理を崩壊させるためにも、


 これまでにある全てのUFO情報を公開してほしいものだ。


戦争テロ犯罪に明け暮れる地球が


真の平和を取り戻す鍵の一つが


UFO情報だと思っている。


posted by gaag at 23:04| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

舛添氏の方がマシ?

「舛添続投の方がマシだった」 都知事選「顔ぶれ」にがっかり

J-CASTニュース 7月14日(木)15時28分配信    


 「今の候補者より舛添さんの方がマシ」「舛添続投の方が良かったんじゃ」――2016年7月14日に告示された東京都知事選(7月31日投開票)をめぐり、早くもこんな声がネット上で囁かれ出した。

 「政治とカネ」をめぐる問題で激しい批判を浴び、辞職に追い込まれた舛添要一氏の後任を決める今回の都知事選。だが、選挙戦に向けた「与野党のゴタゴタぶり」や出揃った候補者の顔ぶれを受け、ネット上では「舛添氏の方が…」などと手の平を返すかのような声が飛び交っている。

■与党分裂、立候補取り下げ伴う「野党統一候補」

 今回の選挙戦は、野党4党(民進・共産・社民・生活)が統一候補として推薦するジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)、与党陣営(自民・公明・日本のこころ)が推薦する元総務相の増田寛也氏(64)、元防衛相の小池百合子氏(64)の3人を中心に展開するとみられている。

 自民党は増田氏を推薦するが、直前まで自民党衆院議員(自動失職)だった小池氏も立候補しており、都知事選では17年ぶりの「保守分裂選挙」となった。記者会見などで自民党都連への批判を繰り返す小池氏に対し、都連側は所属議員に増田氏以外の応援を禁じる文書を配布。対決姿勢が鮮明化している。

 一方の野党側は、候補者選びに「迷走」模様だった。元経産省官僚の古賀茂明氏やタレントの石田純一氏の名前が出るなか、民進党は告示2日前の12日に鳥越氏を擁立、その後野党4党の統一候補となった。すでに出馬の意向を表明していた日本弁護士連合会の元会長、宇都宮健児氏が13日夜に立候補を取り止めたことで、土壇場で一本化を実現した。

 こうした与野党の「ゴタゴタぶり」や、出揃った候補者の顔ぶれを受けて、ネット上では「舛添氏の続投で良かった」という意見が目立つことになった。ツイッターやネット掲示板には、

  「舛添都知事がマシだったと思えるラインナップだな
  「舛添がいいとは思わなかったが、ここまでグダグダの酷い選挙するより舛添続投の方が遥かに遥かにマシだっただろ
  「こんな二転三転なら舛添続投で良かったのでは

などの投稿が数多く寄せられている。なかには、「都知事選はいっそ舛添さんが立候補してくれないものか」「舛添さんが立候補したら当選するかも」といった声も見られた。

********************************************
確かに候補者が出揃うまでの混迷振りは、大きな不安感を都民にもたらしただろうが、

だからといって、舛添氏の方が良かったという論理はあまりにも稚拙で無責任だ。

私は公私混同問題以来、幾つかネットで舛添氏のことを検索してみたが、

ここでも記事にしたように、舛添氏は公私混同だけでなく、虚言癖を持ち合わせた

政治学を金儲けのためだけに利用したとしか思えない、

政治家としての資質ゼロのとんでもない人物だった。これから決まるであろう

新都知事が誰であろうとも、舛添氏より劣っているとは、到底思えない。

かといって、この人なら大丈夫と思える人もいるわけでもないけど。

ただ、これからの時代は政治のプロというタイプよりも、融通の利かない

素人タイプのような人の方がインパクトがあり、何かやってくれるのではないかという

期待感が持てる気がする。


posted by gaag at 23:10| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする