2016年07月22日

どうしてクリントンさんが好きかというと

「アメリカが第一」トランプ氏指名受諾演説

日本テレビ系(NNN) 7月22日(金)15時5分配信

 アメリカ大統領選に向けた共和党大会は、大統領候補に指名されたトランプ氏が指名を受諾する演説を行い、4日間の日程を終えた。会場から田口舞記者が伝える。

 大会はさきほど閉会したが、会場には今も高揚感が残っている。演説は予定を大幅にオーバーして1時間以上続き、ここ40年で、大統領候補の受諾演説では最も長い演説となった。

 その中でトランプ氏が強調したのは、アメリカの利益が最優先という「アメリカ第一主義」だった。

 トランプ氏「アメリカがまず第一だということ。グローバリズムではなくアメリカニズム(アメリカ第一)が信条だ」

 トランプ氏はこの信条をもとに、オバマ政権の失策で失われた雇用回復や治安改善を進めると訴えた。一方、大半を占めたのが、オバマ政権で国務長官をつとめた民主党のクリントン氏への攻撃だった。

 トランプ氏「クリントン氏が残したのは、死、破壊、テロ、そして弱さだ」

 また、クリントン氏がアメリカの外交を担当するようになってから、「アメリカと世界は安全からほど遠くなった」と批判した。

 トランプ氏にとって一世一代の演説、しかし目新しいメッセージや政策の具体性には欠けた印象だった。今回の党大会でも「分裂」が印象づけられた共和党が団結できるのは、「クリントン氏への批判だけ」とやゆされる現状を反映した演説となった。


***********************************

「USA!」 「USA!」を連呼し、戦前の悪夢を連想させる

トランプ陣営が勝つよりは、

UFO情報公開をささやかに掲げるクリントンさんの方が


他の政策を抜きにして、個人的には期待が持てる。


アメリカがひた隠しにしてる情報には、バチカンも今だに公開していない


ファティマ第3の予言と同じく、人類の起源に関わる、


社会を根底から覆すような、重大な情報が含まれていると思われるので、


似非イスラム国の独善的な論理を崩壊させるためにも、


 これまでにある全てのUFO情報を公開してほしいものだ。


戦争テロ犯罪に明け暮れる地球が


真の平和を取り戻す鍵の一つが


UFO情報だと思っている。


posted by gaag at 23:04| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

舛添氏の方がマシ?

「舛添続投の方がマシだった」 都知事選「顔ぶれ」にがっかり

J-CASTニュース 7月14日(木)15時28分配信    


 「今の候補者より舛添さんの方がマシ」「舛添続投の方が良かったんじゃ」――2016年7月14日に告示された東京都知事選(7月31日投開票)をめぐり、早くもこんな声がネット上で囁かれ出した。

 「政治とカネ」をめぐる問題で激しい批判を浴び、辞職に追い込まれた舛添要一氏の後任を決める今回の都知事選。だが、選挙戦に向けた「与野党のゴタゴタぶり」や出揃った候補者の顔ぶれを受け、ネット上では「舛添氏の方が…」などと手の平を返すかのような声が飛び交っている。

■与党分裂、立候補取り下げ伴う「野党統一候補」

 今回の選挙戦は、野党4党(民進・共産・社民・生活)が統一候補として推薦するジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)、与党陣営(自民・公明・日本のこころ)が推薦する元総務相の増田寛也氏(64)、元防衛相の小池百合子氏(64)の3人を中心に展開するとみられている。

 自民党は増田氏を推薦するが、直前まで自民党衆院議員(自動失職)だった小池氏も立候補しており、都知事選では17年ぶりの「保守分裂選挙」となった。記者会見などで自民党都連への批判を繰り返す小池氏に対し、都連側は所属議員に増田氏以外の応援を禁じる文書を配布。対決姿勢が鮮明化している。

 一方の野党側は、候補者選びに「迷走」模様だった。元経産省官僚の古賀茂明氏やタレントの石田純一氏の名前が出るなか、民進党は告示2日前の12日に鳥越氏を擁立、その後野党4党の統一候補となった。すでに出馬の意向を表明していた日本弁護士連合会の元会長、宇都宮健児氏が13日夜に立候補を取り止めたことで、土壇場で一本化を実現した。

 こうした与野党の「ゴタゴタぶり」や、出揃った候補者の顔ぶれを受けて、ネット上では「舛添氏の続投で良かった」という意見が目立つことになった。ツイッターやネット掲示板には、

  「舛添都知事がマシだったと思えるラインナップだな
  「舛添がいいとは思わなかったが、ここまでグダグダの酷い選挙するより舛添続投の方が遥かに遥かにマシだっただろ
  「こんな二転三転なら舛添続投で良かったのでは

などの投稿が数多く寄せられている。なかには、「都知事選はいっそ舛添さんが立候補してくれないものか」「舛添さんが立候補したら当選するかも」といった声も見られた。

********************************************
確かに候補者が出揃うまでの混迷振りは、大きな不安感を都民にもたらしただろうが、

だからといって、舛添氏の方が良かったという論理はあまりにも稚拙で無責任だ。

私は公私混同問題以来、幾つかネットで舛添氏のことを検索してみたが、

ここでも記事にしたように、舛添氏は公私混同だけでなく、虚言癖を持ち合わせた

政治学を金儲けのためだけに利用したとしか思えない、

政治家としての資質ゼロのとんでもない人物だった。これから決まるであろう

新都知事が誰であろうとも、舛添氏より劣っているとは、到底思えない。

かといって、この人なら大丈夫と思える人もいるわけでもないけど。

ただ、これからの時代は政治のプロというタイプよりも、融通の利かない

素人タイプのような人の方がインパクトがあり、何かやってくれるのではないかという

期待感が持てる気がする。


posted by gaag at 23:10| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それは当選してからの話ではないの?

橋下徹氏が都知事候補者に厳しいお言葉「政治の実行プロセスを知らない人ばかり」

サンケイスポーツ 7月13日(水)18時23分配信    

前大阪市長の橋下徹氏(46)が13日、自身のツイッターで東京都知事選(14日告示、31日投開票)について「しかし東京都知事選候補者は、コメンテーター候補が多いな。政治の実行プロセスを知らない人ばかり」と厳しい意見をつづった。

 橋下氏は「まず最初にやるべきは記者会見ではなく都議会各会派との政策協定。僕も知事選挙のときは自民党・公明党と政策協定をやった」と自身の経験から、都内で行われた4氏による公開討論会について疑問を呈した。

 さらに「小池さんや他の候補者もまずは都議会との協議だよ。小池さんは課題意識を議会にぶつけて合意できなければそこで宣戦布告」と小池氏に対して意見。続けて「他の候補者は自分が語っていることが実行できるのか確認。コメンテーター気分で語るだけではダメ」と、4氏に対して注文を付けた。
************************************
仮に当選してから協議するにしても、

舛添氏問題の真相解明に消極的で、膿が沢山ありそうな議会と

妥協点を見出すような協議には疑問を感じるし、新知事には

議会と対決し不正を正し、都民の鬱憤を晴らしてくれるような人を

希望しますけどね。子育て支援するにしろ、少子化対策にしろ、

まず税金が無駄なく適性に使われる下地造りが基本だと思うけど。

余計なこといえば、大阪都構想を実現出来なかった人が何を言うかと。


posted by gaag at 10:46| 長野 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

大化けしそうな人

元TBS杉尾秀哉氏、自民現職破る 安倍首相からの批判に「悔しくて何度もくじけそうに」【参院選2016】

J-CASTニュース 7月10日(日)23時15分配信    


Hideya_Sugio.jpg 

 改選議席が2から1に減った長野選挙区で、民進党新人の元TBSキャスター杉尾秀哉氏(58)が初当選した。

 自民党議員から「落下傘」と揶揄されていたが、現職の自民党・若林健太氏(52)を打ち破った。

■自民党は長野への「落下傘」批判を展開

 杉尾氏は2015年12月に34年間勤めたTBSを退社し、2016年1月、政界引退を表明した北澤俊美氏の後任として長野選挙区から民主党(現・民進党)公認で出馬すると明かした。

 杉尾氏は兵庫県加古川市の出身だ。安倍首相や与党議員は、長野選挙区から出馬したことを批判した。7月5日にJR松本駅前で行われた演説では、自民党の務台俊介衆院議員(長野2区)が「落下傘より健太さん」「長野県では県内出身者以外が国政に出たことがない。この気高い地域を代表する人として(杉尾氏は)認めない」と非難した。応援に駆け付けた安倍首相も「相手候補は選挙に出て議員になるために突然、長野県にやって来た」と批判していた。

 杉尾氏はこれに対抗しながら、アベノミクス批判や憲法9条改正阻止を訴え、当選確実を勝ち取った。

 杉尾氏は当選を決めた後、テレビ朝日系「ANN NEWS」のインタビューに答え、

  「落下傘だとか、国会議員になるために長野県を利用したとか言われましたけど、悔しくて何度もくじけそうになってたんだけども、皆さんの励ましがそれを支えてくださった」

と感極まった表情で語った。

************************

正直いって、最初は初立候補にありがちな、キャスターとしての知名度を利用した

安易な担ぎ上げかと思って見てましたが、テレビでだけど、演説の一部を聞いただけで

理路整然とよどみ無く力説する様は、頭のキレの良さは勿論ですが、

持ってる信念というか、意志の強さは、全国の他の候補と比べてもピカイチで、

これまでに無いタイプの政治家のように感じました。とはいえ、民進党の

枠組みもあるわけで、全く未知数だけど、少なくとも現時点では、安倍総理より

政治家、総理としての資質、器の大きさでは、はるかに勝っているように思います。

近い将来、大化けすることを期待しております。



posted by gaag at 22:22| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

テロリストに向かって

「非イスラム教徒だけ殺す」=テロの一夜、従業員が語る―バングラ

時事通信 7月4日(月)6時49分配信    

 【ダッカAFP=時事】「イスラム教徒か」と質問され「そうだ」と答えると、武装集団は「イスラム教徒は殺さない。非イスラム教徒だけを殺す」と述べた。

 武装集団に襲われたダッカの人気カフェ「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」の従業員は3日、匿名を条件に立てこもりの一夜の状況を語った。

 1日夜9時「武装集団が乱射しながら店に入って来た。『アラー・アクバル(神は偉大なり)』と叫んでいるのが聞こえた」と従業員は語る。同僚2人と店の一角に連れて行かれ「椅子に座れ」「テーブルに頭を付けて伏せろ」と命じられた。

 従業員は「テーブルに頭を付けたまま神に祈っていた」。しかし、途中1度だけ、少し頭を上げた。「目に入ったのは床に倒れている血まみれの遺体だった」と振り返る。具合が悪くなり「机に頭を付けたまま何回も吐いた」という。

 カーン内相は武装集団が店内に侵入後10分以内に20人の大半を襲ったと見立てを語っている。従業員も「凶行は武装集団が店に入ってすぐ行われたと思う。銃声が聞こえたのは最初の数分間で、その後長い静寂が続いた」と述べている。 

***********************************
君たちには家族はあるのか?

親や兄弟、友人はあるのか?

何も悪い事してない家族の命が

突然奪われた遺族の悲しみや怒りはわかるのか?

そんな人の心の解らない神を私達は信じない。

神はあらゆる人の幸せを望んでこそ神と呼べるものだ。

日本には、あらゆる宗教が混在してる。しかし、私達は

特定の宗教を攻撃したりはしない。

この地球は細菌から始まって、虫、鳥、魚、哺乳類等、

あらゆる生き物が自然のサイクルの中で調和して成り立っている。

その一部である人間も、あらゆる人種、宗派の人が職業を持ち、それぞれの立場で、

役割を担っているからこそ、私達はあらゆる地球の資源技術サービスの

恩恵を受けることが出来る。君たちが使っているパソコン、携帯も、

イスラム圏外の恩恵である事を解っているはずだ。だから私達は

宗教の違いを、その人を排除する理由にはしたくない。それは、

この惑星の恩恵を受ける資格を放棄するに等しいからだ。

君たちは今すぐ無意味で神を冒涜するに等しいテロ行為を止め、

話し合いや選挙で社会を変えていく仕組みを構築する努力をすべきだ。

武力が神の望むであろう平和をもたらさないことは、

少なくともこの2000年間の人類の歴史を見れば明らかだろう。

今も続くこの負の連鎖はどこかで断ち切らなければ、

私達は過去の文明のように歴史から消えていくだろう。

アラーをその首謀者にして君たちは嬉しいのか?

*****************

ただ憤りを感じるみたいな、ありきたりのことを言うより

これ位のメッセージを込めたコメントを

安倍総理にしてほしい。

日本のトップなのだから。

posted by gaag at 10:01| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

時代は変わる?

今日一番の驚き!

志位さんと小沢さんが選挙カー上で、手をつなぎ頭上に掲げてアピールしている!

1年前にはあり得なかった光景だ。

有権者にはどう映ったか知らないが、

裕福なマネーゲーマーの欲ボケに翻弄される株価に一喜一憂するアベノミクスで

満足するのか、生産手段、資源を共有し、富を分かち合える社会への

移行が地球の恩恵を受ける資格のある生き方だと気付き始めるのか、

アメリカの大統領選もそうだけど、日本も新たな岐路に直面している。、

posted by gaag at 12:01| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

賢明な選択

桜井俊氏、都知事選への立候補要請を固辞

 来月31日に行われる東京都知事選挙をめぐり、自民党内で立候補への期待が強まっていた前総務事務次官の桜井俊氏は29日昼、東京都連の石原伸晃会長と会談し、立候補の要請を固辞した。(日本テレビ系(NNN))

[映像ニュース]

*********************

舛添氏のおかげで明らかになった都の税金浪費体質

予算をはるかに上回る五輪の財源負担

いつ起こってもおかしくない巨大地震対策

梅毒エイズ患者の深刻な増加

薬物使用の低年齢化拡散傾向等々

東京都だけの問題とも言えないけど、

頭の良い人が、

問題山積の自治体の長になりたがるとも思えない。
posted by gaag at 19:32| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

安倍総理に期待してもいいかな?

日米地位協定見直し、安倍首相「成果あげたい」

TBS系(JNN) 6月23日(木)18時5分配信

 沖縄の女性殺害事件を受け、沖縄県側が日米地位協定の見直しを求めていることについて、安倍総理は、「沖縄県民の皆さま方の気持ちに寄り添いながら成果をあげていきたい」と述べました。

 「今回の(沖縄女性殺害)事件については、逮捕された容疑者のような人物が軍属という形で地位協定によってですね、守られている、保護されているのは、これはおかしいと、このように思います」(安倍首相)

 そのうえで安倍総理は、地位協定の見直しについて、「沖縄県民の皆さま方の気持ちに寄り添いながら、成果をあげていきたい」と強調しました。

 地位協定をめぐって沖縄県側は抜本的な見直しを求めていますが、安倍総理は、アメリカとは「地位協定上の軍属の扱いの見直しを行うことで合意をしている」と述べるにとどまりました。(23日16:40)

********************

これまで口にすることすら無いと思っていた、地位協定見直しを

公言したので、主権国としての面目を保てるだけの改正を

期待することにしよう。私個人の理想をいえば、米軍撤退が望ましいが、

その第1歩にでもなってくれればいいと思う。
posted by gaag at 20:11| 長野 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不正放置は国を滅ぼす

攻防、「経済」「憲法」… 参院選公示、各党アピール

 第24回参議院選挙が22日公示され、7月10日の投開票日へ18日間の選挙戦が始まった。安倍晋三首相が掲げる経済政策「アベノミクス」や安全保障関連法など、政権が約3年半の間に進めてきた政策の是非が争点となる。憲法改正の国会発議に必要な3分の2の議席をめぐる攻防も焦点だ。また、選挙権年齢が18歳以上になって初の国政選となり、若者の投票行動も注目される。(朝日新聞デジタル)

[記事全文]

******************************
当選することが最終目的としか思えない参議院選挙には

若い子からも、その存在価値に疑問の声が上がっていた。

期待感の持てない選挙の各党代表の第一声も、野合同然の与党党首が

民進共産を野合と非難してみたり、一部大手企業以外にはあまり恩恵を感じた人は

居ないだろうアベノミクスを、何とかの一つ覚えのように唱え、政策無き経済成長を

ただ強調するだけで、期待できるものは何一つ無かった

その中で唯一期待できそうな気がしたのは、維新の会松井氏の、
大阪のようにせこせこをやれば増税は必要無いという一節だった。

兵庫県議会〜都議会と、税金を湯水のように使う体質が明らかになったが、

地方市区議会から国のトップに至るまでの不正に浪費される税金の無駄全てを

洗い出せば、増税無用どころか、福祉や公共事業の費用に回せるほどの財源に

なるし、景気の回復にもつながるのではなかろうか。

時々あらわになる政治家や官僚の不正は氷山の一角で、

悲しいかな、全国いたる処に舛添氏が居座っているというのが現実のような気がする。

こうした不正を無くすこと無しに国の再建はあり得ない。





posted by gaag at 10:11| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

相当な覚悟が必要な新都知事

舛添知事辞職へ 桜井パパ、都知事選「出るつもりない」 要請あっても「受けない」

産経新聞 6月15日(水)18時12分配信    


 舛添要一東京都知事の後任として、名前が挙がっている総務省の桜井俊事務次官が15日夕、報道陣の取材に応じ、「出るつもりはありません」と出馬の意向をきっぱりと否定した。桜井次官は人気グループ「嵐」の桜井翔さんの父親。主なやり取りは以下の通り。

 −−ポスト舛添の声が上がっている。出馬の意向は

 「どこからもそういう具体的なお話があるわけではありません。仮にあったとしても、光栄ではありますが出るつもりはありません」

 −−はっきりないと断言されるということですね

 「はい」

 −−来週以降、どこかから打診があった場合はどう考えるか

 「そんなことは無いと思いますが、名誉なことではありますが、お受けするつもりはありません」

 −−今週いっぱいで退官後、どうお過ごしになるか

 「まだ具体的には考えてないが、しばらくは残務整理しながら、これからのことは考えたいと思います」

 −−数字的に、出馬をされない確率は

 「(苦笑)出馬をするつもりはありません」

 −−息子さんとかから、親父出るのかとか連絡は

 「いやいや、まったくありません」

 −−都知事候補としてはどんな人が適任と考えるか

 「私からコメントできませんが、適任の方がお出になられて、都民がご判断されるんだろうと。それ以上はありません」

 −−光栄ということでしたが、出ない理由というのは

 「自分のことは自分が1番よくわかっていまして。私は長い間、情報通信行政をやってきただけの人間でして、とても、そのような役を果たせるだけの器ではないと思っております」

 −−最初、お名前が一部メディアで出たときはどういうご感想を

 「驚きましたね。その一言です」

 −−行政のプロが求められているようですが

 「いやあの適任の方がお出になるんだと思います。それ以上はありません」

*****************

とりあえずこの発言を聞いて一安心しました。目先の欲に縛られない

方のようにお見受けはしましたが。

猪瀬氏、舛添氏と2人続けて金の問題で辞職した後だけに、新都知事には

政治家としてのモラル以外にも、都民の期待や厳しい第三者の目やら、

色んなプレッシャーがあるような気がする。それに加えて既に決まっている

東京五輪もトラブル続きで、これから先も予断を許さないだろうし、日本の宿命ともいえる、

いつ起こるかわからないけど、必ずやって来る、関東東海大地震も

絶えず視野に入れておかなければならない懸案だろうし、細かいこと言えば

梅毒、エイズの増加傾向、薬物の若年層への拡散、学校でのいじめ問題等々、

都知事になろうという人には、荒波しか待っていない航海に旅立つ覚悟が必要だ。

posted by gaag at 22:20| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なりふり構わぬ候補者選び

<舛添氏問題>民進、知事選の動向注視 蓮舫氏推す声も

 東京都の舛添要一知事の政治資金支出などを巡る公私混同問題で、民進党は舛添氏や都議会の動向を見極めている。舛添氏を知事選で支援した自民、公明両党への批判を強める一方で、舛添氏が辞職して知事選になった場合の対応が定まらないためだ。東京都選出の蓮舫代表代行の立候補を期待する声もあるが、7月の参院選で改選を迎えるため、難しい判断を迫られそうだ。【野口武則】(毎日新聞)

[記事全文]

********************

最近、総務官僚を退任した某アイドル父を、都知事に担ぎ上げる動きがあるようだが、

その人の政治家としての資質をどうこう言うつもりは無いが、有名人の知名度を利用した、

勝つためにはなりふり構わなくなる選挙の、相も変らぬ候補者選びには、うんざりだ。
posted by gaag at 14:20| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

普通の事

甘利氏問題 UR補償交渉、元秘書接触後に増額 2000万円ずつ2段階

 甘利明前経済再生担当相の現金授受問題をめぐり、あっせん利得処罰法違反容疑で都市再生機構(UR)などが捜索を受けた事件で、甘利氏側に現金を渡していた千葉県白井市の建設会社「薩摩興業」とURの道路工事をめぐるトラブルについて、甘利氏側がURに接触後、URから薩摩興業側に補償金額が提示され、2段階で増額されていたことが9日、分かった。東京地検特捜部は、難航していた補償交渉が甘利氏側の接触後に進展していることから、不透明な交渉経緯や口利きの有無などについて捜査を進めるもようだ。(産経新聞)

[記事全文]

********************

見返りを期待しない政治献金など、

民間企業ではあり得ない事だろうから。
posted by gaag at 10:08| 長野 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

普通の政治家だと思う

“世界でいちばん貧しい”大統領来日「幸せとは…」

テレビ朝日系(ANN) 4月6日(水)15時0分配信

 「世界でいちばん貧しい大統領」の愛称で知られるウルグアイの前大統領が初来日して会見を行い、「幸せとは富に執着することではない」と訴えました。

 ウルグアイ前大統領、ホセ・ムヒカ氏:「私たちは多くの富、科学、技術が発展した時代にいるが、『私たちは幸せか?』という問いかけをしなければならない」
 ムヒカ氏は会見で、「周りの人たちと愛情を育むことなどに人生を使ってほしい」と述べ、幸せとは富や物質に執着することではないと強調しました。ムヒカ氏は、大統領在任中に給与の大半を寄付し、農場で質素な生活を送るなどして「世界でいちばん貧しい大統領」として有名になりました。今回の来日は書籍の発売に合わせたもので、12日まで日本に滞在する予定です。
****************
その指導者が、普通でなくなった事に、地獄のような現代社会の悲劇の原因がある。
先進国指導者の対極にいる政治家が賞賛されているのも
おかしなものだ。チャップリンさんみたいな政治家いたんだ。
恥ずかしながら知りませんでした。
(ていうか、忘れていたのかなぁ〜?)
posted by gaag at 22:37| 長野 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

非難するなら

金正恩氏、「さらなる核実験」命令 北朝鮮国営通信

【AFP=時事】(更新)北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は11日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)第1書記が、同国の科学者チームが開発に成功したとする小型核弾頭を使った新たな核実験の実施を命じたと報じた。(AFP=時事)

[記事全文]

**********************

ことあるごとに各国首脳はコメントするのだろうけど、

そんな事にお金を費やすより、国民のお腹を満たしてあげなさい

くらいの事を言ってほしい。
posted by gaag at 06:50| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

日本だけじゃない

スーパーチューズデーで圧勝したトランプ氏が米大統領になったら日本は悪夢にさいなまれる

米大統領選挙に向けた候補者選びはヤマ場となるスーパーチューズデーで、共和党は11州のうち7州で不動産王ロナルド・トランプ氏(69)が勝利を収めました。テッド・クルーズ上院議員(45)が制したのは3州、マルコ・ルビオ上院議員(44)は1州で、トランプ氏の勢いは止められなくなってきました。 (木村正人)

[記事全文]

*********************

世界にとっても悪夢だ。

他人の幸せより自分の幸せのことしか考えていなさそうな

イメージは、西部開拓時代の

原住民を圧迫してた頃のアメリカのようだ。

アメリカの理性が時代を逆戻りさせないこと期待します。
posted by gaag at 05:14| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

自民への逆風か

    <安保法反対>「声上げたい」高校生らデモ

 安全保障関連法に反対する高校生グループ「ティーンズソウル」のメンバーらが21日、東京や仙台、大阪など全国約10カ所で、安保法の廃止と安倍晋三首相の退陣を求めて一斉デモを行った。今年夏の参院選から「18歳選挙権」が実現するのを前に、政治への関心を社会にアピールした。(毎日新聞)

[記事全文]

**************************

元スピードの経歴で票を集められるほど若者は

バカじゃないと、自民の年寄りは痛感するのかなぁ〜
posted by gaag at 12:20| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

日本の国会議員の柔軟性に期待

<フランス>売れ残り食料、廃棄禁止…大型スーパー

毎日新聞 2月17日(水)19時2分配信    

 ◇慈善団体へ寄付、法で義務化

 【パリ賀有勇】世界の食料生産量の約3分の1が毎年廃棄されている。その現状を変えようとしたパリ近郊クルーブボア市のアラシュ・デランバーシュ市議(36)の努力が結実し、フランス全土にある大型スーパーに売れ残りの食料の廃棄を禁じ、慈善団体への寄付を義務付ける法律が成立した。

 イラン革命(1979年)でフランスに逃れた両親の間に生まれたデランバーシュさんは、大学時代に食費の工面に苦労した経験から食料廃棄に目を向けるようになった。

 市議になった2014年、訪ね歩いたスーパーでは、廃棄食品が持ち去られるのを防ぐためにゴミ箱に鍵をかけたり、食べることができないように化学薬品で処理した上で廃棄されたりしていた。デランバーシュさんが生活困窮者への無償提供を打診すると、「法規制されたらやるよ」と皮肉交じりに言われた。

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で法規制を呼びかけ、インターネットの署名サイトで約20万人の署名を集めた。下院議員に協力を呼びかけ、2月3日、法が成立した。

 食料廃棄禁止法は、延べ床面積400平方メートル以上の大型スーパーを対象に、売れ残りの食料の廃棄を禁止し、生活困窮者に配給する活動を行う団体への寄付を義務付ける。違反するたびに3750ユーロ(約48万円)の罰金が科せられる。

 国連食糧農業機関(FAO)などによると、毎年世界で13億トンもの食料が、収穫されてから消費者の口に入るまでの間に廃棄され、食べられるのに家庭やレストランで廃棄される「食品ロス」は、フランスは約700万トン、日本は約640万トンとされている。

 デランバーシュさんは、「日本は第二次世界大戦で飢えを経験し、食べ物の貴さを理解している。きっと現状を変えることはできるはずだ」と呼びかけた。

**********************

目下の者にレクサスを要求したり、

議会をサボって秘書とデートしたり、

妻の入院中に浮気するような話題ばかりで

マスコミを賑わすのが日本の国会議員の仕事ではないことを

世界中に示してほしいものだ。

posted by gaag at 02:46| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

事故を撲滅する方法

競争が無く、大手でも中小旅行、バス会社でも

平等に仕事を得られるような料金体系と分配システムがあれば

こうした事故は無くなるだろうと思う。

それには行政の、より厳しい認可制度と監視体制が

必要だろうけど。

大雑把に言えば、現代社会のあらゆる所に潜む矛盾を解消するには、

社会主義的要素も必要ということだ。

マンションの杭問題しかり。

人の命と会社の利益、どちらを優先するかで

進む道は決まってくる。
posted by gaag at 09:49| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

矢野浩二さん

矢野浩二さん

政治家になる資質のある人というのは

こういう人を指すのだと思う。

昨日のアンビリバボー見てそう思った。

今の政治家では人格も行動力も遠く及ばない。
posted by gaag at 10:14| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする