2017年10月19日

言い方を代えれば

小泉進次郎氏「『最低でも県外』どうなった」 沖縄で演説「自公は辺野古問題、ぶれずに真っ直ぐ

10/18(水) 16:33配信

産経新聞


 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は18日、沖縄県入りし、沖縄1、4区の党公認候補者を応援するために那覇市と南風原(はえばる)町でそれぞれマイクを握った。

 小泉氏は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を掲げる「オール沖縄」勢力を念頭に「物事に反対することは簡単だが、形にするのは簡単ではない」と指摘した。その上で「私たち(自公政権)は一つ一つ形にしていくことを諦めず、ぶれずに真っ直ぐ、その道を進んでいきたい」と述べ、普天間飛行場の危険性除去や基地負担軽減のために辺野古移設を実現させる考えを示した。

 また「8年前に何があったか思い出してもらいたい。民主党政権は沖縄県の皆さんに『最低でも県外、目指すは国外』と言ったが、一体何が起きたのか。日米関係が悪化し、いま自公政権が進めているほど基地負担軽減は実行されなかった」と強調。「(辺野古移設は)一つ一つ(基地負担軽減の)形として沖縄県の皆さんの手の中に届けられるのは何かを真摯に考えてきた結果だ」と理解を求めた。

 11日に東村高江で米軍ヘリコプターが炎上した事故に触れ、「自公政権に戻って日米関係は間違いなく良くなっているが、情報提供や連携の在り方を見ていると私たちがやらなければならないことがまだある」と訴えた。


 沖縄1、4区は、自民党候補者と「オール沖縄」勢力の支持候補者が激戦を繰り広げている。選挙戦終盤で自民党は、両区を含む49選挙区を「重点区」に据え、知名度の高い幹部クラスを応援弁士として集中投入している。

*******************************

普天間飛行場の危険性除去や

基地負担軽減のために辺野古移設辺野古地区に住んでる約1900名の人は騒音、身の危険を我慢

                        して耐えてください

11日に東村高江で米軍ヘリコプターが炎上した事故に触れ、

「自公政権に戻って日米関係は間違いなく良くなっているが、

情報提供や連携の在り方を見ていると

私たちがやらなければならないことがまだある」と訴えた。=良い日米関係とはアメリカが戦争を

                                      やりやすい環境である。

                                     やらなければならない事も、70年間

                                     見て見ぬふりしてきた

ぶれずに真っ直ぐ=アメリカ追随だけはぶれない



ブッシュ政権のイラク戦争を支持する以外選択肢が無いと言い切った

元総理パパの子供らしい。


それと食糧&エネルギーアメリカ依存型社会を作り上げた自民党政権失政の

代償が国民に大きく圧し掛かっている。特に沖縄に。



posted by gaag at 21:50| 長野 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

有権者に求められる予知能力

トランプ政権に追随した先には何が待っているのか。

圧力一辺倒の北朝鮮政策の先には何が待っているのか。

消費税増税の先には何が待っているのか。

経済優先、教育荒廃放置の先には何が待っているのか。

消費税導入から8パーセントまで引き上げても財政改革の道筋すらつけられない

政治家に何ができるのか。

私の拙い予知能力で洞察すれば答えは一つだけど、

残念ながらこの田舎型社会の日本では、そうした先の事より、今の政権へのパイプライン確保優先の

価値観が根強く残っており、先の世論調査のような結果になってしまうのだろう。

posted by gaag at 08:33| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

画期的というか我が目を疑うというか

首相指名、枝野氏に投票も=共・社―小池氏「結果見て判断」【17衆院選】

10/9(月) 18:40配信

JIJI.COM


 共産党の志位和夫委員長と社民党の吉田忠智党首は9日、日本テレビの党首討論で、衆院選後の首相指名選挙について、立憲民主党の枝野幸男代表に投票することもあり得るとの考えを示した。一方、希望の党の小池百合子代表は「選挙結果を見て判断する」との立場を重ねて示した。 
 志位氏は「共産、立憲民主、社民3党は連携して選挙を戦っている。3党で相談して決める」との意向を表明。吉田氏は「個人的には枝野氏がいいと思う」と語った。枝野氏は「わが党単独で党首の名前を書く」として、3党で調整はせず、枝野氏自身を候補とする方針を示した。
 安倍晋三首相(自民党総裁)、公明党の山口那津男代表、日本のこころの中野正志代表は安倍氏に投票すると明言。日本維新の会の松井一郎代表は片山虎之助共同代表を候補にすると説明した。

*********************

このタイトルに

時代も変わったものだな〜というか

変わろうとしているのかな〜と若干の風を感じます。

どーでもいいと言いながら、

希望の党から共産立民社民連合に私の心が傾きつつあります。

それにしても、前原さんの判断が悔やまれます。

posted by gaag at 22:58| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

皮肉にも

<衆院選>共産、各地で候補者取り下げ

10/5(木) 21:34配信

毎日新聞


 立憲民主党などとの選挙協力を進める共産党は5日も候補者取り下げを各地で発表した。北海道では、立憲民主党と道内12選挙区すべてで候補者を一本化し、支援し合うことで合意。共産党は7選挙区で新人の立候補を取り下げる。

 共産党大阪府委員会は大阪2区と16区の候補者取り下げを発表。2区は民進党公認だった新人、16区は民進元職が立憲民主党から立候補を予定しており、候補者を一本化する。立憲民主党に参加する民進前職の辻元清美氏の10区と、自由元職が立憲民主党から出る6区には候補者を立てない。

 神奈川でも1区、4区、6区、7区、15区で候補を取り下げ、7区を予定していた新人の若林靖久氏は18区から立候補する。また、岡山1区、山口3区、大分3区でも新人候補を取り下げ、立憲民主党の候補を支援する。三重1区、2区では無所属で出馬する民進前職を支援するため候補者を取り下げる。長野1区、2区の候補者取り下げも発表した。


*************************

脱原発、脱トランプ、脱安保、脱イラク戦争の再演、脱安倍独裁の

絶好の好機と期待していた今回の解散〜選挙ですが、

こうあるべきだと思い描いていた野党の姿に

一番近いのは皮肉にも、

共産党と立民党でした。

脱安倍自民の救世主と思われた小池新党は

早くも震度5弱の地震で揺らいでいるように見えます。

posted by gaag at 06:18| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

今日の妄想

ニュースでチラッと見ただけですが、

極一部の人にしか恩恵のない統計の数値を根拠に

自公寄せ集め政権の成果とし、誇張して熱弁を振るう安倍総理。

あれを見て共感し、支持する人がいるとしたら、悲しいし恐ろしい。

大企業優遇のアベノミクスのお陰で、景気も上向きであると印象づけようと

躍起のようですが、鬼畜としか言いようのない特殊詐欺や幼児虐待等の、

人としてのレベルが著しく低下してる現実が、戦後一貫して続いてきた

自民党政治の副作用という認識は全く無いようです。

最悪と言われる先日のような銃乱射事件が起きても、銃規制に触れようともしない

トランプ政権と、ここでもよく似てます

posted by gaag at 00:12| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

新しいブームからは何も生まれないと安部総理は言うが

古い体質からも何も生まれないことは

消費税が3から8%に増税されても

財政赤字は拡大するわ、年金給付金は減額されるわで

何も生まれないどころか悪化する一方だ。

今回も公約に甘いエサをぶら下げて権益確保を企んでいるが

今回の選挙は、有権者がまた騙されるのか、それとも

不透明でも、よりよいと思われる勢力に賭けてみるのか

有権者の思考停止度を測る選挙でもある。

posted by gaag at 06:48| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

高校野球に例えると

実力の拮抗したチーム同士の対戦では、ちょっとしたミスや

監督の采配が大きくものをいう訳で、送りバントさせるか、

強打にするのか、代打や継投、交代のタイミング等々、

様々な場面で色んな選択肢がある中から監督は一つの作戦を決断しますが

結果論でしか評価できないけど、その時の監督の判断で勝ったり負けたりするわけです。

国政選挙も同様で、今回の場合、与党の失態生産工場状態に、野党の勝てる要素が

多分にあると思われるのに、これまでの経緯を見てると、残念ながら監督の采配が

名監督とは言い難く、勝てる試合を勝てなくしてるように見えます。

民進党の公認放棄、希望への編入指示もそうですし、

希望の党の選別排除もそうですし、政策や信条の枠を越えて一枚岩になれない

知恵の浅さが政権交代をより困難にしてるように思えます。

私の希望としては、最大限、譲れるところは譲歩し、譲れないところも棚上げにしてでも、

野党が連合して安倍内閣の暴走を止めなければ、近い将来

取り返しのつかない事態になるのではないかと危惧するのですが。

posted by gaag at 10:41| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

揺らぐ期待感

菅元首相と枝野氏は公認せず 希望が方針

10/1(日) 1:22配信

朝日新聞DIJTAL


 小池百合子・東京都知事が代表を務める新党「希望の党」が衆院選で、民進党の菅直人元首相、枝野幸男元官房長官については、望んだとしても公認しない方向であることがわかった。希望関係者によると、両氏の思想や政治信条が希望と異なると判断したという。

 また、公明党の太田昭宏・前代表の地盤である東京12区では、候補者の擁立を見送る方向という。小池氏も29日の会見で、公明は都議会で知事与党であることを踏まえ、「(候補者を擁立するかどうかは)都議会の関係をみて総合的に判断したい」と話している。

朝日新聞社

********************************************

安倍内閣のトランプ追随の対北朝鮮政策や加計森友疑惑の解明を争点に

野党が大連合すれば、十分勝機があると思っていた次の衆議院選挙ですが、

小池新党が憲法改正や安保法制という、国民にあまり浸透していないと思われる

政策を踏み絵にして国会議員を篩にかけるという、見た目、上から目線の

野党分断方式は、順風と同時に、かなりの逆風を吹かせるような気がします。

共産党の言う、「与党の補完勢力」という批判も説得力があります。

小池さんは所詮、あちこちの政党を渡り歩いた風見鶏にすぎないのでしょうか?

posted by gaag at 09:31| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

安倍さんのトランプ追随ブームは大丈夫?

<安倍首相>「ブームでなく堅実政策を」街頭演説

9/29(金) 20:17配信

毎日新聞


 安倍晋三首相は29日、埼玉県川口市で街頭演説し、「日本の未来をつくるのはブームではなく堅実な政策だ」と述べ、民進党と希望の党の合流をけん制した。

 首相は演説で「本来、選挙はビジョンを語り、どちらの政策が優れているか競い合う場にしなければならないが、残念ながら『当選のためにどの政党に移ろうか』『政党を解散してしまおうか』。そんな話題ばかりだ」と批判。「日本の未来をつくり、守り抜くのは自公連立政権だ」と訴えた。【竹内望】

*****************

安倍さんから始まったわけでもないが、歴代自民党政権の

政策の選択肢無きアメリカ追随に、北の独裁者との幼稚な政策の攻防という

火種が加わり、アメリカ追随が、今最も危険で堅実でない政策だという事に

早く気付いてほしい。自民党は、あと何年思考停止状態が続くのだろう?

posted by gaag at 06:22| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

時には妥協も大切

安倍政権打倒を現実のものにするためには

民進党にも希望の党にも寛容な姿勢が必要で

時には意に反してでも妥協する事も必要だ。

このことは仮に、政権を取ったとしても必要なことで

色んな意見のある国民の多数派だけでなく、少数派の民意も

政策に反映させることが民主主義の基本だと思う。

posted by gaag at 06:45| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

毛沢山

小池新党「合流」に民進党は 反発の声も

9/27(水) 19:47配信

FNN


民進党の前原代表が、希望の党との合流も含めた連携へかじを切ったことを受け、民進党内は騒然としているもよう。
突如浮上した合流話に、党内からは、「希望の党で出るなら、無所属で出馬したほうがましだ」などと反発の声が上がっている。
前原代表は、希望の党との合流も含め、連携していく意向を固め、28日の両院議員総会で提案する方針。
これを受けて、27日夕方まで民進党のリベラル系議員は、国会内で緊急の集会を開き、対応を協議した。
前原氏は27日夜、岡田元代表と会談する予定で、岡田氏は、党内の議員などの意見をふまえ、岡田氏の考えを伝えるとみられる。
また、民進党の参議院議員は、27日午後9時から「最重要事項」を話し合う緊急の総会を開くことを決め、所属議員に「欠席は認めない」と通達した。
党内では、衆議院議員だけ合流する案や、民進党としての公認候補を出さない案も浮上しており、28日の両院議員総会は、大荒れが予想される。
民進党内からは、合流に前向きな意見がある一方、「希望の党にのみ込まれるくらいなら最後まで戦う」と徹底抗戦の声もあり、前原氏の思惑通りに事が運ぶかどうか、見通せない状況。
***************************************
以前の記事で、野党は思想信条を越えて大連合すべきだと記したような気もするが
共産、維新を除いて、それが現実味を帯びてきた。
そうした潮流に、政策、思想の一致しない政党と連合すべきではない、とか
自民補完勢力はNOとか言って反発する人達の気持ちも分からぬでもないが、
今はそんな悠長な事を言ってる場合ではない。日本に危機が迫っている。
トランプ追随、原発拡散、構造改革無き増税、という常軌を逸した安倍政権継続は
ブッシュ小泉同盟のもたらした9.11以降のイラク戦争とは比べものにならない位の
災いを日本に招く恐れがある。安倍自民はイラク戦争や福島原発事故から
何も教訓を学んでいない。また同じ過ちを繰り返そうとしている。
しかもその火種は日本海を越えた隣と自国にあり、その二つが重なれば
日本は世界の歴史から消える事になる。
戦前思想の爺ちゃんの亡霊に憑依されてるとしか思えない政権は
もーたくさん!



posted by gaag at 23:14| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最良の選択肢

金 VS トランプ ボクシング試合
幼い二人に最も相応しい決着の付け方だ。
posted by gaag at 22:20| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

戦争への序章・・・昔ブッシュ小泉同盟、今トランプ安倍同盟

<衆院解散表明>ミサイルの不安「こんな時に」

9/25(月) 21:56配信

毎日新聞


 北朝鮮が発射した弾道ミサイルは先月と今月の2回、北海道上空を通過して太平洋上に落下。北海道から東日本までの広い範囲で全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じて発射情報が流れた。不安を募らせた住民は、衆院解散の理由に北朝鮮問題への対応を挙げた安倍晋三首相に、何を思うか。

 北海道滝川市の主婦(74)は「Jアラートやサイレンが鳴っても、数分で飛んできたらどこかに逃げるわけにはいかない。こんな不安定な時期に選挙をして、本当に大丈夫なのか」と首をかしげる。問題が次々と浮上した安倍政権や自民党の現状に疑問を抱く一方で「他の政党は頼りなく、危機に対応できないのではないか」と険しい表情を見せた。同市でスナック・軽食店を経営する竹内信恵さん(69)は「いつ戦争になるか心配。とにかく平和な、住みよい国になってほしい」と訴えた。

 北海道釧路市の漁港でマイワシの水揚げを終えたばかりの青森県八戸市の漁師の男性(38)は「漁場は近海だが、北朝鮮のミサイルはいつどこに飛んでくるかわからない。ミサイル問題について、しっかり取り組んでほしい」と強調する一方、「政治家はスキャンダルばかりで信頼できない。こんな時に選挙をするなんておかしい」と憤った。

 3月に全国初のミサイル想定の住民避難訓練が行われた秋田県男鹿市の温泉旅館のおかみ、斉藤靖子さん(45)は「ミサイルが頻繁に飛んできている時期に解散していいのかと不安を感じる。しかし、解散を機に、ミサイル対策が議論され、避難などの体制が強化されればいいと思う。有権者が判断する場を与えられたので、しっかり考えて投票したい」と話した。

 同県能代市の会社員の男性(49)は「どんな状況でもミサイルの危機から国民を守るのが国の仕事。解散だからといって有事への対応がおろそかになってはいけない」と注文をつけた。【渡部宏人、平山公崇、森口沙織】

********************

安倍総理の甘い言葉に釣られて、トランプ安倍鉄道に乗り、

ブッシュ小泉同盟の9.11劇場再演を観に行くのか、、

トランプ演説に苦言を呈する国の指導者に耳を傾け

トランプ安倍鉄道搭乗を拒否し、戦争を回避するのか

運命の分かれ道は、すぐそこまで来ている。

posted by gaag at 01:08| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

ホニャララ解散

安倍総理の暴挙を、いろんな人がホニャララ解散と表現している。

党利党略解散

自分ファースト解散

ひらめき解散

どれもがそれなりに納得のいく表現だが

私も言わせてもらうなら、この後の選挙結果に対する期待を込めて

勇み足解散と命名する。

安倍総理の閃きは妄信であった、という結果を残さなければ

日本は末代まで悔いを残す事態を招くことになる。

posted by gaag at 23:22| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

サンデーモーニングを見る限り

突然降って湧いたような、党利党略見え見えの解散騒動で、税金の無駄遣い、

このアジアの政情不安な時期に政治の停滞等、大迷惑を被る国民ですが、

今朝のサンモーの街灯インタビューを見る限り、極一部の鈍感な有権者を除いて、

ほとんどの人が安倍総理の姑息な魂胆を見抜いていて、

このような人達が国民の多数派なら、選挙を強行しても安倍総理の思い通りには

ならないだろうと、少し安心しました。それでも最後の結果が出るまでは何が起こるか

わかりませんが。選挙では、いつも期待を裏切られるばかりですが、

今回もう一度だけ期待してみる事にします。でももし、また期待を裏切られるようなら

金輪際日本の民主主義というか有権者には期待を持てなくなるかも知れません。

その日が1歩1歩だけど確実に迫ってきていると思えますので。

posted by gaag at 10:28| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

三面楚歌

トランプ米大統領の偽善独善矛盾に満ちた国連演説に対し

委内瑞拉、仏蘭西、伊朗の代表は的確な批判をしていて、

NHKの某キャスターもそれに同感する、とチラッと触れていたが

私も全く同感だし、ほとんどの国の代表が不信感を抱いたのではなかろうか?

そんな中、日本と韓国だけは支持を表明するのだろうか?

安倍氏の演説が楽しみだ。

posted by gaag at 00:10| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

第二の真珠湾攻撃

「対話呼び掛けは無駄骨」=安倍首相、北朝鮮制裁で団結訴え

9/18(月) 11:30配信

JIJI.COM


 【ニューヨーク時事】安倍晋三首相は国連総会出席に先立ち米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿し、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応について「国際社会は団結し、制裁を完全に履行しなければならない」と訴えた。

 また、「対話を呼び掛けても無駄骨に終わるに違いない。北朝鮮の目には諸外国が屈したとさえ映りかねない」とも指摘した。同紙電子版が17日夜(日本時間18日午前)、公表した。

 首相は「北朝鮮からの脅威に連帯を」と題した寄稿で、「北朝鮮は今や世界全体にとって重大かつ差し迫った脅威となっている」と警告。「今は圧力を最大限強めるべき時だ。一刻の猶予も許されない」として、国連安全保障理事会で採択された制裁決議の厳格な履行を求めた。 

*******************

安倍内閣を支持するということは、

腹心の友優遇政治を、このままうやむやにしてしまう事を国民は支持しますよ、

という事と

戦前の日本クリソツな北朝鮮対策で、トランプに追随し、経済制裁+武力圧力オンリーの

選択肢しか持たず、緊張を高め、日本を戦争の危機に晒すだけの無能な政治を国民は

支持しますよ

と表明してるに等しい。

第二の真珠湾攻撃を招くかどうかは国民の理性にかかっている。


posted by gaag at 23:56| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

効果

チャップリンの独裁者


このDVDを気球あるいはドローンで北に大量にばら撒いてやれば

安保理の制裁決議よりはるかに効果があると思う。

北を変えるのは圧力でも武力でもない

内部からの地殻変動を誘発することだ。

posted by gaag at 22:52| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

アノトキノ猪木さんはもういない

北朝鮮高官、核開発「続ける」=猪木議員、帰路北京で語る

9/11(月) 12:52配信

JIJI.COM


 【北京時事】7日から北朝鮮を訪問していたアントニオ猪木参院議員は11日午前、経由地の北京に到着し、北朝鮮滞在中に会談した李洙※(※土ヘンに庸)朝鮮労働党副委員長が核・ミサイルについて「開発は続ける。われわれは最後の目標まで頑張る」と述べたことを明らかにした。

 空港で記者団に語った。同日の帰国後に記者会見する。

 猪木議員によると、李副委員長は「これからいろいろな情勢がある」とも述べた。国連安保理の制裁をめぐる議論などを指すとみられる。 

**********************************

北の独裁者に延髄切り、等というチャップリンさん並の情熱は無いだろうと思っていたけど、

周囲の反対を押し切って行くからには、何かしらの要求、意見を言う為に行ったのだろうと

思っていたら、ただ独裁者のロボットの話を聞いてきただけだったようだ。

カールゴッチ氏との死闘でプロレスフアンを熱狂させた

アノトキノ猪木さんはもういない。

テレビに映った猪木さんの姿は、タダの弱々しいお爺さんにしか見えなかった。

posted by gaag at 02:37| 長野 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

離党者は無視したほうがいい

民進、離党歯止めかからず=前原氏「刺客擁立」とけん制

9/9(土) 17:32配信

JIJI.COM


 民進党で離党の動きに歯止めがかからない。

 8月に離党した細野豪志元環境相に近い複数の衆院議員が離党を検討していることが9日、分かった。共産党との選挙協力に批判的な保守系議員が中心で、前原誠司代表が共闘見直しを強力に進めないことを不満としている。前原氏は離党者の選挙区に「刺客」を擁立する意向を表明(?)し、離党の動きをけん制した。だが、山尾志桜里元政調会長の離党に続き、前原氏の求心力は低下する一方で、党運営は一層厳しくなった。

 離党を検討しているとされるのは、細野グループ所属の笠浩史氏ら。前原氏は9日、山梨県笛吹市で記者会見し、離党の動きを「認識している」と述べた上で、「全ての選挙区、離党した人のところにもあまねく候補者を立てていく」と強調した。先の代表選時には「刺客」擁立について「総合的に勘案すべきだ」と慎重だったが、党内引き締めへ踏み込んだ。ただ、私的交際問題で離党した山尾氏については例外とする考えを示した。 

******************************

前原さんも民進党も擁護するつもりは無いが

私の知る限り、こうした腰の据わっていない、風見鶏的政治家が

離党後大成したという例は無い。だから刺客などという

有権者から見て、感情的と受け取られるような事は止めたほうがいい。

民進党にはまだ蓮舫さんも杉尾さん(離党しないでほしい)もいるし、

民進党に骨を埋める覚悟のある人が一致協力して、

共産党を含めた野党連合体制を模索し進めていけば

可能性は開けてくると感じています。



posted by gaag at 22:04| 長野 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする