2017年06月12日

学研の月刊誌ムー7月号付録

時々付録として、あすかあきおさんの小冊子漫画が付いてくるのだが、

今月は太陽に関して、注目すべき記述がある。それは、北野恵宝氏が

異星人から聞いた内容と非常に似たもので、この付録を読んで、私の

確信はますます深まった。

posted by gaag at 22:50| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

今日の妄想

大分・広範囲で地割れ…自主避難や通行止め

日本テレビ系(NNN)  5/20(土) 17:55配信

 大分県の豊後大野市で、広範囲にわたって地割れが確認され1世帯2人が自主避難している。原因は分かっていない。

 地割れが見つかったのは豊後大野市朝地町綿田地区。市によると今月16日に住民から連絡があり、300メートルほどの範囲で20か所以上で地割れが確認された。地割れは大きいもので長さは約20メートル、幅は9センチほど。

 1世帯2人が現在、自主避難しているほか、付近の市道は通行止めとなっている。地割れは日がたつにつれて広がっているという事だが、原因は分かっておらず、県などが調査している。

*****************************

投稿するかどうか迷いましたが、こういう情報もありますよということで、

あくまで頭の片隅に置いていただければ、という気持ちで投稿します。

既に廃刊の雑誌「UFOと宇宙」1976..2月号の記事で、私はかなり信憑性の高い

コンタクト事件と認識している記事ですがその一部を掲載します。

概要は既に他界されてる僧侶の北野恵宝氏が1975年7月に滞在先の広島で異星人と

遭遇し、幾つかの情報を得たのですが、その一部です。

DSC03698.JPG

 

文中の第一の変動とは、2005年3月20日に発生した

福岡県西方沖地震ではないかと推測しています。

地殻変動の規模も、世界各地に海底神殿があったり、エベレストもかつては

海底にあったと推測されるらしいから、天地を揺るがす大変動が起きても

おかしくはないと思います。しかも、最近の日本は原子力発電所まみれ、

特殊詐欺ウィルスまみれ、性犯罪者まみれ、不正請求、行為まみれ、

首相からして権力を行使したがりーのの、財界、友人には優しく他人には辛く当たる政治で

国民を生かさず殺さずの政策で国民を欺き続けていたり、地球や太陽から観れば

良い印象はどこにもありません。

とうとうエドガーケイシー氏の見たものが現実になろうとしているのかもしれません。

標高の低い所にお住まいの方は、ライフジャケット、あるいはボート等の準備を

おススメします。

最後に

暇人の戯言、妄想ですので・・・



posted by gaag at 15:02| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

自分自身を知れ、そうすれば全てがわかるだろう

古代ギリシャの格言から引用したのかどうかは知らないが

私はジョージアダムスキー氏の著書から知った。

その自分自身とは、受胎から誕生そして死に至る過程において

常に存在する、全ての生命のエンジンを司るパワーというか

アダムスキー氏の著書でいう、意識というものの存在を知りなさい

ということだろう。

posted by gaag at 12:50| 長野 | Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

点から線へ

テロ、詐欺、強盗、殺人等、毎日世界を揺るがすウィルスの増殖は、地球をいう巨大な

原子を蝕み続け、地球は崩壊の危機にある。それは、太陽系という原子核と電子からなる

更に巨大な原子にとって、電子を一つ失うということは、太陽系の崩壊にもつながるらしい。

太陽の活動が不安定なのもそのためで、やがては膨張し始め、最後には爆発するようだ。

聖母マリアとコンタクトしたという複数の人が共通して述べてる火の洗礼とはこの事らしい。

NASAは極秘にしてるけど、月をはじめ、太陽系の惑星には高度に発達した文明が、かつて

存在してたが、彼らは危機を察知し、既に太陽系外への避難を終えていて、あと

避難を残すのは地球人だけだそうだ。本来なら自業自得な野蛮民族など放っておけばいいもの

なのに、心ある彼らは可能な限り地球人の救済を検討してるそうだ。

よく巷で言われるアセンションとは、この事らしい。

近い将来、大船団を地球に向けるらしいが、全ての地球人が救済さえることはないという。

他の銀河で生活するにはそれなりの宇宙の法則に適合した者でなければ

受け入れる側にも迷惑だという。つまり、

好戦的な政治家、テロリスト、その黒幕、他の宗教や民族に排他的な者、強盗、詐欺、万引き

あらゆる不正に手を染め、依然として同じ事を繰り返す犯罪者、

自然界にはあり得ない私利私欲に奔走する低次元の人間は救済される事無く、

地球と運命を共にし、焼け跡の地球で来世をやり直すことになるという。

ただ、犯罪者であったも、己の罪を反省し悔い改め更生してる人は救済の対象になるというから

法的に罪を犯したという訳ではないが、道義的にどうかなという行為が

全く無いとは言えない私にも少しは希望がある。

昨日のサンピアで宇宙を眺めながらストレッチしていて、またそんな印象を感じました。


追記

たった今、ウグイスが歌い始めました!(5:39)



posted by gaag at 05:42| 長野 ☁| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

本当は自分が行きたいのだろう

トランプ政権、19年にも有人で月往復 前倒し検討指示

朝日新聞デジタル 2/25(土) 16:10配信



 米航空宇宙局(NASA)が開発を進める新型有人宇宙船について、トランプ政権が、2021年以降に計画していた月軌道への有人打ち上げの前倒しを検討するよう、指示したことがわかった。早ければ19年にも、宇宙飛行士2人を乗せて月を往復する可能性があるという。


 NASA幹部が24日、電話会見で明らかにした。この宇宙船は、11年に退役したスペースシャトルの後継となる有人宇宙船オリオンと、次世代大型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」。

 米メディアによると、NASAはトランプ政権の意向を受けて、18年に無人で予定していた打ち上げを有人に切り替えられないか、春先までに検討する。宇宙飛行士2人を乗せて月周回軌道に到達した後、月面着陸せずに8〜9日間で帰還する案が浮上している。ただ、有人での打ち上げに必要な施設の整備や安全の確保のため、実際の打ち上げは19年以降になる可能性が高い。従来の計画と比べ、費用が大幅にかさむ可能性があるという。

*************************

そこには自分を批判する地球人は居ないし、何をするにも自分ファーストだ。

ただ、そこには地球外文明の痕跡があることを、NASAから、よーく教わってから

行ったほうがいい。トランプ流は宇宙のどこへ行っても通用しないだろう

posted by gaag at 02:14| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

惑星を飛び出す時の注意事項

<UAE>火星居住計画発表 100年後までに小都市建設

毎日新聞 2/15(水) 18:21配信


 【カイロ秋山信一】アラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド副大統領は14日、100年後の2117年までに火星に人類が居住可能な小都市を建設するプロジェクトを推進する方針を明らかにした。具体的な手法や予算などは不明だが、副大統領は「他の惑星に立つことは人類の長年の夢だった。UAEが夢の実現に向けて先頭に立っていく」と意欲を示した。



 火星居住構想は、ドバイで開催中の第5回世界政府サミットに合わせて公表された。ドバイ首長を兼ねるムハンマド副大統領は「新たなプロジェクトの種をまく。未来の世代が知識探究の情熱によって収穫してくれると期待している」と述べた。

 当面はUAE国内の大学などで宇宙開発研究者の人材育成を進め、国際協力も推進する。UAE政府は「輸送手段、食料やエネルギーの確保などの研究を重点的に進めていきたい」としている。

 UAEは2014年に宇宙庁を創設し、日本や米国とも連携を強化するなど宇宙開発に力を入れている。15年にはアラブ諸国初の火星探査計画を公表。21年までに火星に無人探査機を送る計画を進めている。

*******************

未来の夢を語るのは良いが、火星には誰も住んでいないという

既成概念を捨てることがスタートだと思う。

無人探査機計画もそういう事を想定していてほしい。

posted by gaag at 01:42| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

なぜ人には宗教が必要?

燕も雀も蛙も蜘蛛も
みんな信仰を持たないのに
自分が何を為すべきか
知っているというのに。
なぜ人は神に頼るの?
しかも、その神は人を
トラブルに巻き込む事のほうが
多い。決まっている仕事を放棄し、
多くの人に迷惑をかけることを
許す神なんて、私は信じない。
現在世界には何人ものイエスや仏陀の
生まれ変わりと称する教祖や総裁が
いるが、誰が本物か科学で証明
出来ないものだろうか?
posted by gaag at 06:48| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

鍵は情報公開〜矢追さん復活

超常現象番組のマンネリ化 脱却するには新たなスタンスが必要?

オリコン  2/8(水) 8:40配信



 毎年、夏や年末になると恒例のように放送される“超常現象系”番組。一定の需要がある人気企画だからこそ放送されるわけだが、超能力や心霊現象、UFOやUMA(未確認動物)といった各ジャンルの映像も、最近はどこかで見た同じ映像ばかりだったり、明らかにフェイクだったりと、ガッカリする視聴者も多いはずだ。



◆“非日常”の世界をリアリスティックに描いた70年代のオカルトブーム

 かつて1970年代は、映画『エクソシスト』(1973年)や『ノストラダムスの大予言』(1974年)の大ヒット、漫画で言えばつのだじろう氏の『うしろの百太郎』や『恐怖新聞』(ともに1973年)、古賀新一氏の『エコエコアザラク』(1975年)など、さらにはユリ・ゲラーが来日(1974年)し、テレビで“スプーン曲げ”を実演したことも相まって、日本中がオカルトブームに沸いた。

 それから今にいたるまで、テレビでは超常現象系番組が定番企画になっていくのだが、その嚆矢となったのは何と言っても、1973年に始まった『お昼のワイドショー』(日本テレビ系)内の企画「怪奇特集!!あなたの知らない世界」であろう。当時の小中学生は夏休みになると同企画をこぞって観ており、青島幸男氏の司会のもと、解説者に超自然現象研究家の中岡俊哉氏や、放送作家の新倉イワオ氏を迎えるという本格的な内容で、視聴者の心霊体験を再現ドラマで見せるなどの手法は、その後の超常現象系番組の基本パターンを築いたとも言える。

 経済問題から超常現象まで幅広いジャンルを捉える社会分析アナリスト・作家の高島康司氏は当時の超常番組の魅力について次のように語る。
 「1970年代にユリ・ゲラーをテレビで紹介した矢追純一氏の『木曜スペシャル』に代表されるような、UFOや宇宙人の番組が見せてくれる“非日常”の世界には非常にドキドキ感があり、未知の世界へと誘う強烈な輝きを放つ魅力がありました。いわゆる超常現象系の番組というのは、日常を超えた“非日常”の世界があり得るんだということを表現できたというところが大きなポイントですね」

◆ネタの使いまわしでマンネリ化、映像技術の進化で“フェイク映像”がバレやすい状況に

 しかし90年代に入ると、早稲田大学の物理学教授大槻義彦氏などに代表される、霊現象自体に疑義を呈する“懐疑派”が現われ、超常現象系番組自体の内容も、霊能者や超能力者の能力や心霊現象が“本物かウソか?”といったものになっていく。そして1995年のオウム真理教事件により、超常現象系番組は一気にトーンダウンしていった。それでも2000年代に入ると、『USO!?ジャパン』(TBS系/2001年)など心霊写真や心霊スポットを紹介する番組がはじまるが、出演者にTOKIOの国分太一や嵐などのジャニーズ陣をそろえ、内容もヘビーな超常現象以外に都市伝説やトンデモ系のネタも取り入れて、視聴者も楽しめる明るいバラエティに仕立てられた。

 さらに、ここ最近になって心霊現象やUFO、UMAなどの“写真”や“映像”ネタは、国内のものより海外のものが主流になり、視聴者もどこか以前に他局やYouTube、雑誌などで観たことがあるなぁといったネタが使い回されているようになるのだ。しかもネタのマンネリ化のみならず、今やデジタル技術の進化やSNSの普及により、映像のネタがフェイクか否かを、視聴者もすぐに判別できるソースを持つまでにいたっている。つまり“ネタバレ”がしやすくなっているのだ。

 映像の使い回しに関しては、『マツコの知らないUFOビジネスの世界』(TBS系/2015年8月11日)にゲスト出演したオカルト評論家の山口敏太郎氏が、UFOや宇宙人の海外映像を紹介しながら、“心霊系の動画の予算は1万円、使用料は2万円で映像制作会社はボロ儲け”“(有名な)宇宙人解剖映像は1秒30万円”などと、真偽のほどは定かではないにしろ、暴露してることでもわかる。

◆今後は種明かし方式の導入、“ネタ”として楽しむことが新たなマナーに?

 超常現象系に勝るとも劣らない人気を誇る“マジック系”番組にしても、最近ではほとんどのマジックはすでにネタバレしてるものが多く、視聴者の目も肥えていることから、今のマジック系番組では、“スプーン曲げ”や“トランプマジック”などのを“種明かし”するという内容のものが増えている。となると、今後の超常現象系の番組は『マツコの知らない世界』のような“種明かし方式”導入も視野に入れた番組作りに移行する可能性は高い。

 タレントの伊集院光は、「今、PhotoshopやAfter Effectsの性能も上がって、パソコンも安価で家庭内に入ってきて高性能だからさ、ガッツさえあれば色んなCG作れるじゃん。お化けが映ってる動画とかもいっぱいあるけど、“上手い”って思ったりするじゃん(笑)。(略)もはや俺の中では“野暮だな”とか“その宇宙人の見せ方、粋だね”っていうところに入っちゃって(笑)」(『深夜の馬鹿力』TBSラジオ系)と語るように、もはや映像の“真偽”ではなく、その“ネタ”がうまくできてるかどうか、楽しめるかどうかという境地にまで達しているとのことなのである。また実際、そうした視聴者は案外多いのではないだろうか。

 マジック系番組と同じように、“ブレインダイブ”を駆使する新子景視やDr.レオンなどが、予め「これはマジックです」と銘打っていたとしても、映像を観た視聴者にはさっぱりわからない新しい技を見せるように、超常現象系番組も同様に、「これはフェイクです」と銘打ったとしても、ド肝を抜かれるような映像や、その技術の妙に魅了されるという方向に舵を切る時期に来ているのかもしれない。

***********************

NASAが保有してる情報の一部を公開するだけで、世界は大混乱するかも知れない。

例えば、月に関する情報だけでも、初期のグーグルムーンで見れた

葉巻型建造物も今では見れないなど、グーグルムーンには修正されたような画像が

何箇所もあると思うのだが、そうした情報を公開するだけでも

矢追さん復活が期待できるのが・・・・

posted by gaag at 02:11| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

空想

ISIS最高指導者、排除は「間近」 米国防長官が言明

CNN.co.jp 1/15(日) 16:05配信


(CNN) 米国のカーター国防長官は15日までに、過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者の最近の動向に触れ、潜伏場所をしきりに変えているが命運はもはや尽きており、排除は間近との見方を示した。

米の公共放送PBSとの会見で述べた。長官が同容疑者の末路についてこれほど断定的な表現で触れたのは異例。米国はISIS幹部に無人機攻撃などを仕掛け、抹殺を図っている。

カーター氏は同容疑者の余命は長くないのかとの質問に、「絶対に」と言明した。また、バグダディ容疑者の正確な居場所については「例え知っていたとしても明かさない」と返答。「彼はもう長くはない。あちこちに移動している」とも続けた。

ISISの動向に関する米政府の最新情報を知り得る立場にある米政府当局者は昨年末、CNNの取材に「過去数週間、同容疑者の一部の動きは把握している」と明かしていた。

バグダディ容疑者の潜伏先については、ISISが首都と称するシリア北部ラッカとするのが米政府当局者の間の通説となっていた。ただ、イラクのイスラム教シーア派率いる人民武装軍団(PMU)は11日、イラク北部モスルにいると指摘。同軍団の報道担当者は、バージ、アルカイラワン両町の間に潜んでいるとの情報を入手したと述べた。

米政府は先月16日、同容疑者捕捉(ほそく)につながる有力情報への報奨金をこれまでの1000万ドル(現在のレートで約11億5000万円)から2500万ドルに増額すると発表していた。

************************************

チャップリン「独裁者」の最後の名演説を地でいくような国家の指導者がいて

ある異星人を通じて銀河連邦警察とコンタクトをとり

地球で日常茶飯事化してるテロリストとテロリストを非難しながら

テロ同然の愚行を繰り返す某先進国指導者を

殺人の容疑で逮捕して欲しいと訴えれば

間違いなく、ほとんどの大国の指導者とテロリスト集団は地球から消えるだろう。


posted by gaag at 23:03| 長野 ☁| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

若干の心配

大分南部で震度4 津波の心配なし


日本テレビ系(NNN)10月22日(土)4時1分配信

 気象庁によると、22日午前3時33分ごろ、地震があった。震源地は日向灘。震源の深さは60キロ。地震の規模を示すマグニチュードは4.4と推定。この地震による津波の心配なし。

 震度4を観測したのは、佐伯市。

 震度3を観測したのは、産山村、臼杵市、津久見市、延岡市、宮崎美郷町。


***************************


この辺で地震があると、北野恵宝氏を思い出ます。


大変動の予兆でしょうか?

posted by gaag at 06:59| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

月と火星と男と女

DSC03114.JPG

月刊UFOと宇宙1976.4月号に掲載された月の画像です

極めて人工的です

e94734fd91913b6fcdf39a2998a9151c-thumbnail2.jpg

初期のグーグルムーンで見つけた人工的構造物


DSC02806.JPG

↑↓NASAが公開した画像をつぶさに調べて見つけたものだったと思います

DSC02810.JPG

○周辺には複雑にパイプが入りくんでいるようにも見えます

火星.JPG

火星の画像です。火星には核戦争があったのでは?

と推測できるような光景が多数あります。



27日のNASAの会見が楽しみです。


tyapurin.jpgyumikaoru.jpg

特に意味はありません。タイトル書くときの勢いで・・・

人類で一番好きな男と女です




posted by gaag at 10:01| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私を驚かすつもりなら

NASA、木星の衛星エウロパ「驚くべき」発表を予告

AFP=時事 9月24日(土)11時34分配信


【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)は、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が捉えた木星の衛星「エウロパ(Europa)」の画像に基づき、26日に「驚くべき」発表を行うと明らかにした。

エウロパは、氷で覆われた表面の下に海があるのではないかと多くの専門家が考えており、そこに何らかの生命が存在する可能性さえある。

 NASAはエウロパについてこれまでに「地殻下に生命にとって好条件となり得る液体水の海が存在することを示す有力な証拠がある」と発表している。

 今回のNASAの発表は、グリニッジ標準時(GMT)の26日午後6時(日本時間27日午前3時)からの記者会見で行われる。【翻訳編集】 AFPBB News


***********************


人工の構造物がある、位の事を発表してほしい。


地球以外の太陽系惑星にも高度に進化した生命体が存在すると


思っている私だから、海があるくらいのことじゃ驚かないぞ。


posted by gaag at 00:56| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

「UFOと宇宙」1976.4月号より(ややボケてるのはお許しを)

DSC03120.JPG

DSC03117.JPG

DSC03118.JPG

DSC03121.JPG

交信記録、画像の入手経路等は不明だけど、全くデタラメと決め付けるには、


あまりにも記述がリアルすぎるように感じます。私は事実だと思います。


DSC03114.JPG

また、月面にはあちこちに不可解なものがあります。↓これはグーグルムーンの


以前のバージョンの時、見つけたもので、赤丸の中も、その周囲も何か人工的匂いがします。


DSC02806.JPG







posted by gaag at 00:15| 長野 ☁| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

「UFOと宇宙」1977.6月号より part2

これも世界的に有名な事件で、逆行催眠時の証言なので

信頼度はかなり高いといえます。

これも右上のツールで2倍程度の拡大が適当かと思います。


DSC03105.JPG


DSC03106.JPG






posted by gaag at 13:13| 長野 ☁| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「UFOと宇宙」1977.6月号より


以前の記事を読み返したら、とても読みにくい記事だったので、

繰り返しになりますが、また少しずつ、信憑性の高い記事を選んで

投稿していきます。

右上のツールで2倍に拡大すると読みやすいかと思います。


DSC03103.JPG


DSC03104.JPG



posted by gaag at 12:26| 長野 ☁| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

猿以下の惑星

治安部隊が突入=バングラ

時事通信 7月2日(土)11時7分配信    

 【ニューデリー時事】バングラデシュの首都ダッカで1日夜(日本時間2日未明)、武装した集団が外交エリアにある飲食店を襲撃し立てこもった事件で、治安部隊が2日朝(日本時間同日午前)、現場の店内に突入した。

 銃声が響いている。 

********************

目的の為には、未来に何も残さない無差別殺人が、社会を変えると妄信して、

生物にあるべき本能を失った、精神疾患を患っていると思われる

似非人間が、世界中に蔓延っている。

闇の勢力に操られているという疑いも無く。

動物園を見てもジャングルを観察しても

これほど無意味で生産性の無い行動をとる生き物は居ない。

これはテロリストだけではなくて、9.11を自作自演し中東を地獄に

陥れた某自称先進国にも言えることだが。

世界平和を渇望することの無い指導者ばかりの地球は

他の銀河社会からは、猿以下の惑星というレッテルを

貼られているに違いない。

日本は平和の上にあぐらをかいて、経済成長とかアベノミクスのような、

安定しないマネーゲームに期待する政治家ばかりで情けない。





posted by gaag at 12:44| 長野 ☀| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

クリントンクリンゴン

全然知らなかったが、クリントン候補が公約の一つとして、

ufo情報の開示を揚げていると昨日息子から聞いた。

巷ではufo情報が溢れ、矢追さん世代でテレビや雑誌から多くの情報に

晒され、どこの銀河にも、太陽系の地球以外の惑星、月にも高度に発達した

文明がある、あったと認識してる私からすれば、何を今更、の感が無くもないが、

間抜けな指導者ばかりで滅亡に向かっているとしか思えない閉塞した地球を

刺激的な、社会を変えうる爆弾で打開してくれれば良いなと思う。

アメリカは世界で一番、ufoや宇宙に関する核心的な情報を得ていそうな国なので、

夫が元大統領であるヒラリーさんも、もしかしたら真実を知っているのかも

しれない。

注) タイトルはヒラリーさんをクリンゴンと言ってるわけではありません。

ただ語呂がいいだけで付けてしまいました。
posted by gaag at 09:11| 長野 ☁| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

空飛ぶ円盤同乗記

現在ではインチキ扱いされ、忘れ去られようとしてる

ジョージアダムスキー氏の著書ですが、

どこかの映画会社で映画化してくれないかなぁ〜

本の物語でも、一連のUFO騒動でもいいから。

民族対立、国歌紛争、テロ、詐欺、強盗、殺人、梅毒、エイズ

混迷深める一方の現代文明には発想の転換となる

起爆剤が必要だ。アダムスキー氏の騒動には

疑わしい部分もあるが、太古の地球から失われた

価値ある思想に溢れていると私は思う。

posted by gaag at 08:04| 長野 | Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

止まらない地震

南阿蘇の土砂崩れ現場、2人の死亡確認 死者44人に

 熊本県などでの一連の地震は18日、阪神大震災級のマグニチュード(M)7・3、最大震度6強を記録した16日未明の「本震」発生から3日目を迎えた。熊本県南阿蘇村では18日午後、土砂崩れの現場から2人が心肺停止状態で見つかり、その後、2人の死亡が確認された。地震による死者は44人となった。(朝日新聞デジタル)

[記事全文]

*******************

日本はあまりにも原発が増え、犯罪は多様化し多発する社会になった。

地球の免疫力が活発になるのもやむを得ないことだだろう。

北野恵宝氏が異星人から聞いたという、西に高く東に低くという地殻変動が

始まったのだろうか?

原発全廃炉、犯罪者地球から追放が、政治家の緊急の仕事だ。

posted by gaag at 02:36| 長野 | Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする