2017年08月14日

語り継がなければいけない戦争の真実

飛び散る女性の頭、自らも死のうとした元従軍看護師 戦後72年…激戦地で生き、戦後は助産師で赤子抱く

8/14(月) 10:30配信

埼玉新聞


 もう歩けない。何度も死を覚悟した。ジャングルの川の中で力尽き、このまま流されて死ぬんだと思った。「同級生2人のお骨は私が内地の両親に届けなくちゃいけない。絶対に死んじゃいけないと自分に約束した。けれども、かなわずに死のうとしたの」

 元従軍看護師の木村美喜さん(89)=埼玉県桶川市=は激戦地のフィリピン・ルソン島で約1年、敵の爆撃機や砲弾が四六時中頭の上を飛び交う中、傷病兵や患者の救護に従事しながら生き抜いた。食べるもの、飲むもの、薬もない。無数の死体が転がる山の中を逃げ回り、行軍した。仲間や兵士たちは次々に命を落とした。

 生まれも育ちも桶川。日本赤十字社埼玉県支部の看護師だった1944年7月、召集を受けてマニラ郊外の陸軍病院に派遣された。当時16歳。埼玉班26人で最年少だった。歯科外来に勤務し、当初は不自由のない生活をしていた。

 9月、マニラ初空襲。次第に戦火が拡大し、12月に病院は解散。絶え間ない空襲の下、部隊はマニラから北に約250キロのバギオに移動した。

 悲劇が襲ったのは、45年1月23日。正午前に大編隊の爆撃機が襲来し、病棟は瞬く間に火の海になった。がれきの中で「助けて」とさけぶ声。焼け落ちた梁(はり)が目の前で女性に直撃し、頭が飛び散った。外に逃げた人々は次々と機銃掃射で撃たれて犠牲になった。

 埼玉班も9人が戦死。「今夜は夢でいいからお父さん、お母さんに会いたいね」。前日に梅干しをしゃぶりながら古里の話をした同期2人は骨だけの状態と、顔や手足、内臓がない状態で見つかった。

 4月、バギオから撤退。山の中で終わりなき逃避行を続けた。昼間は空から見つかるため移動できず、夜は砲弾が飛んでくる。草のしとねに横たわり、古里の歌を口ずさむと、歌声はいつしか涙声に変わっていった。「みんな『白いご飯をおなかいっぱい食べたい』『死にたくない』と言いながら死んでいったの」

 埼玉班の仲間も一人、また一人と病気や栄養失調で亡くなった。「今度死ぬのは自分の番だ」。どんなときも肌身離さず持っていた親やきょうだいの手紙や写真、日の丸の寄せ書きを河原で焼いた。死んでから人に見られたくなかった。

 終戦を知らされたのは8月17日。途端にマラリアで40度の高熱が出た。捕虜収容所に行くまでの山を下りられず、同僚3人と部隊から取り残された。もう半歩も動けない。道の両側は腐臭を放つ死体の山。うじが団子になって、ハエが真っ黒にたかっていた。ゲリラの先住民の足跡を見つけるたびに背筋が凍った。

 ジャングルの川の中で先輩に泣きながら懇願した。「お世話になりました。私はここに座っていたら流されてしまう。待たないで先に行ってください」。そのたびに言い聞かされた。「一足歩けば一足日本に近づく。一足歩けば一足お母さんに近づく。日本に帰りたかったら、お母さんに会いたかったら歩きなさい」。その言葉に背中を押され、何とか収容所にたどり着いた。

 約4カ月の捕虜生活の末、12月に復員。日赤病院に同期2人の遺骨と遺髪を届けた。桶川駅で母の胸に抱かれてわんわん泣いた。17歳だった。

 戦後は助産師として働いた。「もし日本に帰れたら、たくさんの兵隊さんの亡きがらを葬ってきた分、この手で新しい命を取り上げよう」。収容所で毎晩、誓った夢をかなえた。抱いた赤ちゃんは数え切れない。3分間に4人取り上げたこともある。自らも子ども3人、孫5人に恵まれた。

 今は子や孫のため、社会のために一日でも長く生きていたいと願う。戦争を経験した人が減り、自分の代わりがいないと思うから。多くの講演を引き受け、本も出版した。戦争を知らない若い人たちみんなに、一度でいいからこれまでの話を伝えたい。「戦争は人の殺し合い。もう二度としては駄目。命は本当に大切。一つっきりしかないんだから。かけがえがないんですよ」

********************

今の北朝鮮は72年前の日本とそっくり。

今のうちに歯止めをかけないと過ちを繰り返す。

広島長崎だけでなく、戦争体験者の記憶を世界に、後世に伝えるのが

日本政府の務めだと思う。

グアムが真珠湾にならない事を祈る。

posted by gaag at 14:29| 長野 ☁| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

黙祷

8月9日、昨日の事ですが、某野菜王国の現場にて1人で仕事してた時、

突然、無線(?)有線(?)放送で、長崎に原爆投下された時間ですので

1分間の黙祷を捧げましょう、という呼びかけがあり、突然のことで

少しの驚きと、周囲には誰も居なくて、ホントに村人が黙祷を

捧げているのかは分からなかったけど、何故か黙祷しなければいけないと

感じ、1分間仕事の手を休めました。よく甲子園とかTVで黙祷を促すことがありますが、

自治体内での黙祷する習慣に遭遇したのは初めての事で、

何か素晴らしい体験をさせて頂いたような気がしました。

後で施主さんに訊いたところ、昔から続いている習慣とのことで、

野菜だけでなく、心も大切にしてる良い村だな〜と思いました。

最近、某幼稚&平和を望む気持ちなんか無いんじゃないかと思える

2国が、世界中の人々を不安のどん底に陥れていますが、

核兵器の恐ろしさ、悲惨さ、悲しさ、虚しさを身をもって体験した日本だからこそ、

出来ることがあるはずなのに、思考停止中の総理大臣率いる政府は

アメリカの言いなりで、世界に何も提言できないでいます。

悲しいこと、情けないことですが、こうした自治体の思いが忘れ去られることなく

未来に受け継がれていくこと、他の自治体に拡散していくことを希望します。

そしてゆくゆくは、広島原爆資料館の真実を、もっともっと世界に伝えてほしいものです


posted by gaag at 23:12| 長野 ☁| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

米国にNOと言えない似非日本人政党を支持した結果

地面に伏せ、窓から離れて…政府HPにミサイル避難方法

朝日新聞デジタル 4/21(金) 21:29配信


 政府は21日、弾道ミサイル攻撃を受けた際の避難方法を国民に周知するため、内閣官房のホームページに掲載した。同日には都道府県の危機管理担当者を集めて説明会も開催。北朝鮮情勢をめぐる不安の高まりを背景に、政府・自民党が力を入れる弾道ミサイル防衛(BMD)の強化も加速しそうだ。



 菅義偉官房長官は21日の記者会見冒頭、ミサイル落下時の対応策を「国民保護ポータルサイト」に掲載したと発表。菅氏は「国民が高い関心を持っていることを踏まえ、身を守るためとるべき行動をまとめた」と説明した。サイトへのアクセス数急増を受けた対応だという。

 今回掲載された「弾道ミサイル落下時の行動について」では、着弾の可能性がある場合、頑丈な建物や地下街に避難し建物がない場所では物陰に隠れて地面に伏せるよう要請。屋内にいる時は、窓から離れることを求めている

 政府は最近、緊迫度の高い情報発信を続けている。外務省は在韓邦人向けに注意を促す海外安全情報を発表。安倍晋三首相は国会で、北朝鮮がサリンを弾頭に装着して攻撃できる可能性に言及した。

************************

国土を戦場にするだけでなく、戦闘機に竹やりで立ち向かうような効果の無い避難方法で、

身を守れという。こんな愚かな政治家見たこと無い。

コレで目覚めない有権者はバカだ。


posted by gaag at 00:34| 長野 ☁| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

どうすれば韓国人は納得するのだろう?

「慰安婦合意」から1年。日本が10億円拠出しても増え続ける“少女像”

ホウドウキョク 12/28(水) 0:10配信


「最終的かつ不可逆的な解決」

1年前の12月28日、ソウルで日韓外相会談が行なわれ、いわゆる従軍慰安婦問題について合意がなされた。

その内容は、元慰安婦を支援するため、韓国政府が財団を設立し、日本政府が10億円程度の資金を一括して拠出するというもの。
日本政府は「責任を痛感する」と表明し、韓国政府はソウルの日本大使館前の「慰安婦像」の撤去について、「関連団体と協議して適切な解決に向け努力する」と明らかにした。

合意は「最終的かつ不可逆的な解決」とされ、その後に行なわれた安倍首相と朴槿恵大統領の電話会談でも、合意を誠実に履行していく方針が確認された。

電話会談で、安倍首相は「心からのお詫びと反省」を表明し、記者団に対しては「日韓両国が力を合わせて新しい時代を切り開いていくきっかけとしたい」と強調した。


日本政府は10億円を拠出するも…

日本政府は合意に基づいて、元慰安婦を支援するために韓国政府が設立した「和解・癒し財団」にすでに10億円を拠出している。韓国側も「合意の時点で生存していた46人のうち34人の元慰安婦が支援事業を受け入れる意向を示している」と発表。すでに29人に、日本円で一人当たりおよそ1000万円が支給されたという。

しかし、ソウルの日本大使館前にある「慰安婦像」も撤去されないままとなっている。

財団は、朴槿恵大統領の職務停止に関わらず事業が順調に推移していることを強調しているが、次の大統領選挙への出馬を目論む「共に民主党」のムン・ジェイン前代表が「日韓合意の正当性は認めにくい」などと批判。

日韓合意が「最終的かつ不可逆的な解決」として履行されるか、不透明な状態が続いている。


国外で増え続ける「慰安婦像」

「慰安婦像」については撤去どころか、国外に新たに設置する動きまで出ている。

今月10日、米ワシントンの中心部で、慰安婦問題を象徴する少女の像が公開され、アメリカの韓国系団体が主催して式典が行われた。

この像は韓国で作られたもので、ソウルの日本大使館前にあるものの複製だという。同じ様な像は、すでにカリフォルニア州などにも置かれている。

韓国から式典に訪れた元慰安婦の女性は、2015年の慰安婦問題の日韓合意に関して、「問題は解決していない」と強調した。
こうした状況を打開するため、日本政府は日中韓首脳会談を年内に東京で開催する方向で調整してきた。しかし、朴大統領の弾劾訴追案可決を受けて見送りとなった。

日本政府は慰安婦問題での日韓合意について、「中身を誠実に履行することが重要」と繰り返し強調しているが、韓国側の合意の履行は、先行きが見通せない状況となっている。

*******************
謝罪し慰謝料も払っているのに、これ以上何をしろと言うのだろう?
それとは関係なく過去には多額のODAを提供してる事実もあるのに
韓国は日本に感謝するどころか、謝罪とお金を末代まで要求するのだろうか?
posted by gaag at 02:31| 長野 ☔| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

揺るぎない証拠

海保の捜査、難航か=日米地位協定が壁に―オスプレイ事故

時事通信 12/15(木) 17:19配信


 米海兵隊の新型輸送機オスプレイが沖縄県名護市の海岸に不時着した事故で、第11管区海上保安本部(那覇市)は15日までに、航空危険行為処罰法違反容疑で捜査を始めた。

 ただ、米軍が乗員の事情聴取などに応じるかは不透明で、日本の司法警察権を制限する日米地位協定の壁もあり難航が予想される。

 外国籍の航空機が墜落・不時着した場合、主権が及ぶ領海内であれば、海保が事故原因を捜査する。11管は14日未明に捜査を始め、現場周辺の写真を撮影するなどした。今後、乗員の事情聴取や実況見分などを行い、容疑が固まれば書類送検したい考えだ。しかし、米軍に捜査協力を要請したが返答はなく、現場に近づけないという。

 日米地位協定に基づく刑事特別法は「米軍の財産の捜索、差し押さえ、検証は米軍の同意を得て行う」などと規定しており、これまでも日本側の原因究明を阻んできた。

 2004年8月、沖縄国際大(同県宜野湾市)に米軍ヘリが墜落した事故では米軍の同意が得られず、県警は機体の検証や乗員の事情聴取ができなかった。

 県警は氏名不詳で米兵4人を書類送検したが、地位協定の「米軍が公務中に起こした事故は日本側に第1次裁判権がない」との規定から不起訴処分となった。 


************************


敗戦国の宿命ともいえるが、日本がアメリカの属国であり

自民党政権が売国奴政権である事が

またもや実証された。

posted by gaag at 20:52| 長野 ☀| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

刺激の強い映像が含まれますので視聴はお気をつけください

オバマ大統領ヒロシマ演説、被爆者と握手

AP通信 5月27日(金)20時5分配信    


[広島 日本 27日 AP]

 アメリカのバラク・オバマ大統領は27日午後、同国現職の大統領では初めて日本の広島を訪問し、70年前に原子爆弾で犠牲になった14万人に敬意を表した。

 平和公園の原爆慰霊碑で献花を終えたオバマ大統領は被爆者らを前に演説を行い、「71年前、晴れた雲のない朝に、死が空から落ちてきた。そして世界が変わった。閃光と火の壁は都市を破壊し、人類が自滅する手段を備えていることを証明した。
 なぜ、我々はこの場所に来たのか。広島に。我々は10万人以上の日本の男性や女性、子供たち、何千もの韓国人、捕虜になっていたアメリカ人を含む全ての死者を追悼するために来た。彼らの魂は我々に語りかける。我々が何者なのか、そして我々がどのようになろうとしているのか」
 「科学を人生の発展のために使用してほしい。今、広島の子どもたちは幸せに暮らしている。それを世界のすべての子どもたちに。
 広島、長崎が核戦争の夜明けとして知られる未来ではなく、私たち自身の道義的な目覚めとなる未来」と述べた。

 オバマ大統領は演説後、被爆者2人のもとへ向かい握手し、会話を交わした。

************************************

原爆資料館でオバマ氏は何を見たか知らないけど、

この現実は永遠に後世に伝えていかなければならない。

特に北のボンボンには是非とも見てもらいたいものだ。

ヒロシマ Hiroshima ジョルジュ・ムスタキ 日本語歌詞
posted by gaag at 23:15| 長野 ☔| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

最悪のシナリオの助演男優賞は安倍

戦犯扱いしないことを条件に、アメリカの都合のいいように

手なずける事に成功したアメリカが、その孫をコントロールするのも

容易かった。おじいさんが勝手にアメリカ寄りに洗脳してくれたのだから。

アメリカはただ見てさえいればよかった。安保体制が平和を実現すると

洗脳された首相を手に入れたアメリカが次にすることは、中韓北と日本の

緊張をあからさまではなく、ゆっくり、じわじわと、決して国民に

アメリカの策謀を悟られることなく、一触即発の環境を作っていくことだろう。

日米関係が緊密になればなるほど、中国はそれに対抗して軍事力を拡大してきた。

全てがアメリカの予定通り。北の核開発を批判しながら黙認してるのも

予定どおり。今回オバマが韓国で何を提案したか知らないが、従軍慰安婦問題を

更に煽ったのだろうか?

アジアが段々戦争始める大義の宝庫になってきた。




posted by gaag at 23:39| 長野 | Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

気持ちの良い記事

中国は日本に「謝罪迫る資格」なし・・・莫大なODAを忘れたか? ドイツもイタリアも侵略の謝罪はせず=仏メディア

サーチナ 8月26日(水)7時21分配信    


フランス国際放送、RFIはこのほど、運営するニュースサイト(中国語版)で、中国が歴史問題で日本に毎年謝罪を迫るのは根拠がないなどの主張を紹介する記事を掲載した。日本が莫大(ばくだい)なODAなどで中国を支援してきたことにも触れた。

 記事は、複数の中国人が示した意見を紹介する形で書かれている。まず日本が戦争行為を反省し、永遠の不戦の誓いをしていることは「だれでも知っている」と指摘。一方で、中国人と韓国人が毎日のように「日本の侵略と植民の歴史」を唱えているのは「見劣りがする」と断じた。

 謝罪については、田中角栄元首相が国交正常化のために訪中した際にすでに、「深々と頭を下げた」と指摘。日本は「贖罪のための賠償もした」として、ODAなどによる巨額の対中経済援助を挙げた。

 記事は続けて「今の平和主義の日本が、軍拡主義の中国に服従することはない。民主主義の日本が権威主義の中国に服従することはない。国際主義の日本が民族主義の中国に服従することはない」と論じた。

 戦争については、人類の歴史で「日常茶飯事」だったと主張。侵略行為の認定も勝利国によるもので、敗戦国は領土喪失、賠償、一定期間の占領、戦争犯罪者の裁判などが強いられるが、「これらが終了すれば、謝罪や清算はすべて完結したことになる」と論じた。

 さらにドイツやイタリアも侵略国であり敗戦国だが、「何度も繰り返して相手国に謝罪するのは見たことがない」、「国際法でもそんなことは定められていない。中国以外の世界中の第二次世界大戦の“被害国”は、そんなことをしない」と論じた。

******************************************
ホントはこれをわが国政府が堂々と主張して欲しかったという思いもあるが、

そんなことすれば、心の許容量の小さいあちらの国は更に

過激になるだけだろうから難しいかな。いずれにしろ第三者の客観論調には

説得力がある。

posted by gaag at 23:16| 長野 🌁| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

様々なドラマ

戦後70年目の節目の昨日から今日にかけて、今も当時の真実を伝える、

戦争をくぐりぬけてきたお爺ちゃんお婆ちゃんの話がTVで聞けて、自宅警備も

そう悪い事でもないと思いました。特に、70年間、戦死した夫に恋し続けている

92歳のお婆ちゃんの可愛らしさには驚きでした。また、戦争を知らない世代でも、

高校生が当時の写真を忠実にCG化したり動画化して、戦争を風化させない活動を

してたりと、まだまだ日本にも希望はあると感じました。

今TVで高校野球見てますが、この大会を絶やすような事が

あってはならないですよね。

 ヒロシマ Hiroshima ジョルジュ・ムスタキ 日本語歌詞
 
注 心臓の悪い方は見ないでください
posted by gaag at 16:12| 長野 ☁| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする