2015年02月14日

嫌いな番組

昼食時、テレビをつけるとギャル曽根が数年ぶりに参戦とかいう

大食いの特番やってた。

世界のあちこちでは、今日食べるものも無く、命を落とす子供たちが

沢山いることを知りながら、こうした飽食の極致に一喜一憂するような

罰当たり番組を同胞が制作してると思うと悲しい。
posted by gaag at 18:47| 長野 ☀| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン 3時間スペシャル

離陸25秒でエンジン爆発!機体が3つに分解!奇跡の着陸劇!
  •  乗員乗客129名の旅客機が離陸25秒でエンジン爆発! 墜落まで1分30秒…決死の不時着! 機体は3つに分解、だが死者はゼロ 奇跡の生還劇のカギを握っていたのは1人の乗客だった。 
  • 滑落&3度の雪崩&救助の飛行機まで墜落!最悪の雪山遭難事故
  •  雪山登山を楽しむ16年来の親友2人を襲った3度の雪崩! 最悪の遭難事故から奇跡の生還劇!
  • 「国境を越えた命のリレー」やけど3歳幼児の命を救え
  •  1990年、米ソ冷戦時代。 旧ソ連サハリンに住む3歳幼児コンスタンチン君が熱湯をかぶり全身を大やけど。 両親が最後の望みをかけたのは「日本での治療」だった。 当時、日ソの国境は緊張状態、問答無用で撃墜される恐れも。 日本中が見守った、国境を越えた命のリレーを完全再現! さらにコンスタンチン君の今に直撃取材!

    **********************

    この三つの奇跡的実話の裏にある見えない糸で結ばれた、

    人と人の絆の強さ、運命の神秘さに感動しました。

    特に最後のコンスタンチン君救命劇で動いた、ビジネスマンや役所の方々の

    素早い判断と決断力には、普段、役人=悪のイメージばかりで投稿してる私には、

    反省すべきこと色々あることを教えていただきました。

    観て良かった〜!
posted by gaag at 22:16| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

今日の「たかじんのそこまで言って委員会」を見て

信州はお町より放送が遅れてるかも知れないけど、

韓国やロシアが崩壊するとかしないとか議論してたけど、

そんな事より自国の心配した方がいいのでは?と思ったよ。

若年層にまで広がりを見せる危険ハーブ、特殊詐欺被害の拡大、

若い夫婦の幼児虐待、なくならない学校のいじめによる自殺、

増税、行政サービス縮小ばかりで、不正行為野放し状態に

見向きもしないアベノミクス。

物理的にも精神的にも、日本は崩壊寸前だと思うよ。
posted by gaag at 21:04| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

どーでもいいことだけど

雨トーク3時間は飽きる
posted by gaag at 20:55| 長野 ☀| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

24時間テレビに

急遽、広島土石流被災地の支援応援イベントに変更なんて

柔軟性は無いんだろうなぁ〜
posted by gaag at 07:17| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

嘆くなら自分自身を嘆け

テレ朝はワンコーナー 「終戦特番」視聴率1ケタ連発の寂しさ

 戦争体験の風化が叫ばれて久しいが、さらに拍車がかかっている。69回目の終戦記念日を迎えた今年、戦争関連番組への関心も寂しい状況であった。(日刊ゲンダイ)

[記事全文]

*******************

視聴者をどれだけ引きつけるかは、

制作側の想像力と創造力にかかっている。
posted by gaag at 02:37| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

日本人必見

この時間、いつもならクアハウス佐久へ行ってる時間。

台風の影響も大したことないので、家を出る予定の時間直前まで

行くつもりでいた。しかし何故か行かなかった。自分でもよく分からない。

でも、何気なしにテレビを見ると、そこには恐るべき事実があった。

ザ・スクープスペシャル戦後69年特別企画
封印された毒ガス戦

歴史学者でさえ知らなかった真実の日本が見えてきた。

皆さん必見です。

きっとおじいさんが親父がこれを見ろと言いたかったのだろう。
posted by gaag at 14:32| 長野 ☔| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

反省すべきはクロアチア

クロアチア、主審の西村氏に激怒 「あれがPKならバスケの試合、W杯レベルの審判ではない」

 2014年W杯は現地時間12日(以下現地時間)、開催国ブラジルとクロアチアによる開幕戦が行なわれ、クロアチアは1対3で敗れた。ニコ・コヴァチ監督は決勝点となったPKの判定に怒りをあらわにしている。(ISM)[記事全文]

*****************

VTRであのシーンを見れば手で相手の動きを妨害したのは明らか。

W杯レベルを問うなら、フェアプレーに徹した、世界の子供たちの手本に

なるようなプレーを見せて欲しい。私の感覚では、

あのような反則は本当に不愉快。

西村さんは日本人だから褒めるわけでもないけど、

ホントに立派な審判だと思う。
posted by gaag at 19:43| 長野 ☀| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

昨日のNHKで

屋久島の猿が群れ同士のなわばり争いや、ボスなりたがり猿が権力闘争の

駆け引きに奔走してる様子を観たけど、

中国とベトナムを見てるようだった。

日本人は猿とは違うんだっていうことを世界に示してほしいものだ。
posted by gaag at 06:38| 長野 ☀| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

奇跡は起こすもの

クアハウス佐久へ行くので見てもいなかったテレビを消そうとしたら、

その画面に心が止まった。今何歳か知らないが、

体が不自由でリハビリで頑張っている女の子だった。立ち止まって見れば、

京大を受験した三日後に脳出血で倒れたという。しかも、さらに悔しいことに、

京大に合格もしていたという。なんという不運というのか気の毒としか言いようがないが、

でも救いもあった。彼女が大学に通える状況に無い事を考慮した大学側は、

回復を待って入学を認める措置をとることを彼女に通知した。いい話だと思った。

大学の心温まる措置に応えて、

いつか彼女が大学に通える日が来ることを願わずにはいられなかった。

と、

ここからいきなり話が飛躍してなんだけど、

テレビ番組の生放送で、

彼女のような難病に苦しむ患者等に対して、

テレビを見てる全ての人に呼びかけて、

一斉に回復するようにイメージしたり、祈りを捧げるような事を、

実験的特番で開催し、効果アリが認められたなら、

レギュラー番組に昇格なんてことを・・・・・

私はアルと思います。



posted by gaag at 22:53| 長野 ☔| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

羽生君いいね

自由奔放というか変幻自在というか、

素晴らしい
posted by gaag at 18:17| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

雑感

「聴覚を失った現代のベートーベン」佐村河内守 なぜテレビはダマされたのか?

「私は共犯者」。ゴーストライターだったという新垣隆氏が記者会見したことで、佐村河内守氏のウソが明らかになった。「耳が聞こえない」も「絶対音感で作曲」というのもウソ。なぜテレビも新聞もダマされたのか? (水島宏明)
[記事全文]

**********************

テレビでは辛口が人気のSさんや婚前契約書で自滅を繰り返す

Tさんたちが新垣氏の告発を、何で今やる必要があるの?とか

金目的だの、根拠の無い憶測を

好き勝手に吐いていたけど、私は新垣さんの口から出た、

嘘をつき通すことに耐えられなくなったという言葉のほうが

素直に受け入れられた。お金目的ならもっと早く告発してた

だろうし、お金よりも、もしあるとするならば、ほんの僅かな名声を

甘受したいという気持ちも少しはあったかもしれない。

いずれにせよ、新垣さんはよく決断したと思う。少しは名声を

得たかもしれないが、失うもののほうが、はるかに多いように思うから
posted by gaag at 18:30| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

そこまで求めていいものだろうか?

イモトついにエベレスト挑戦へ 三浦雄一郎氏エール「遊園地と思って」

 タレントのイモトアヤコ(27)が今年、世界最高峰エベレスト(8848メートル)登頂に挑戦する。5日に放送された日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!新春珍獣祭りスペシャル」で、登頂プロジェクトが始動したことが報告された。(スポニチアネックス)
[記事全文]

******************

イッテQも段々エスカレートしてついにエベレストか、という感じ。

タレントの守備範囲を大きく逸脱してると思う。

成功すれば世界的にも賞賛されるだろうけど

リスクが大きすぎると思う。年々激化する気象条件は

エベレストも例外ではないだろうし

ただただ無事を祈るばかり。
posted by gaag at 01:07| 長野 ☀| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

ザマンザイ

負けちゃったけど

流れ星

一番好きだったなぁ〜

昭和の香りがして懐かしさもあったかも
posted by gaag at 21:15| 長野 ☀| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

最低の笑い

今日のクアハウス佐久は全館消毒のため休館日。でも昨日温泉で

湯ったりしてなかった私はお湯が恋しく、少し足を伸ばし佐久平プラザ21へ行き

普通に入浴してきた。で、

帰宅してみると息子がとんねるずの番組を見てた。それは芸人が

ロープで吊るされ、故意に熱湯に落とされ笑いを誘うという、超古典的、

何度見たか覚えていない、見飽きたシーンの連続。

こんなの見て喜ぶ視聴者いるの?ただ自分たちだけが楽しんでいるだけじゃ

ないの?と思うも、受信料払ってるわけじゃないから文句言えるものでも

ない。しかし、この程度で視聴率取れると思ってるとしたら、

国民もなめられたものだ。国民はそれほど忘れっぽくはないと思うよ。

ただただテレビマンの向上心の無さ、発想の貧困には

日本衰退の象徴としか言いようがない。

posted by gaag at 22:31| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

親から子へのメッセージ

みのさんの会見の一部見ました。

俺がどん底から這い上がるから

息子よ

お前も命がけで這い上がれ

そう言ってるように感じました。

立派な親バカだと思います。
posted by gaag at 22:39| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

適正な決断

タモリ、共演者と国民に感謝も淡々と終了発表 衝撃の3分間再現

 タモリ(68)が司会を務めるフジテレビの名物番組「笑っていいとも!」(月〜金曜正午)が来年3月で終了することが22日、番組内で発表された。1982年10月にスタートし、31年間続く長寿番組の衝撃的な終了発表。列島に衝撃が走った約3分間のやりとりを再現する。(スポニチアネックス)
[記事全文]

***************************

最近は惰性で続けている感が強かったし
posted by gaag at 18:16| 長野 ☀| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

朝まで無駄テレビ

クアハウス佐久の庭に出て快晴の夜空を眺める。

目が慣れてくると次第に見える星の数も増えてくる。

あの向こうには無限の世界が拡がり、無限の惑星があり、

無限の社会があり、惑星間をつなぐ銀河社会も無限にあるに

違いない。そこには争いも競争も無く、万物を共有し分かち合う社会も

あるに違いない。

そんな想いから、わが星に目を向けると、領土は自分の物だと

言い張る国々に、国益の為には武力行使もいとわない大国の力比べ。

ビジネスチャンスを見つけることに執着し、他社を蹴落とすことで

勝利に酔いしれる生態。いい学校に入っていい企業に入ってエリートコースに

乗ることが成功だと信じ、本当に社会を支えている弱者の恩恵受けていることに

気がつかないでいじめてばかりいるエリートサラリーマン。

そんな企業に依存し、もちつもたれつの関係を築き上げた政治家に官僚。

欲ボケした人間が築きあげた体制に疑問を感じる事も無く、

そんな体制の歪から発生するトラブルを、

既成の価値観で解決しようと朝まで討論するが、

いつも空振りに終わって結論は見えてこない。

当然だ。欠陥のある社会が欠陥のある価値観で

良くなるわけが無い・

どうすれば地球と共存できるかを価値観に取り入れるなら

社会も少しは良くなると想う。

宇宙と自然をお手本にすることを忘れた驕り高ぶる生き物には

それなりの制裁が待ってるにちがいない。

日本にもその兆候が現れてきた。
posted by gaag at 02:56| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

フィクションは所詮作り話

善と悪の攻防

前半は悪の優勢

しかし後半巻き返し、最後は善が勝利する。

古今東西ヒット映画ドラマはこのワンパターン。

現実を見れば、無理が通り道理が引っ込む社会でストレスを貯金する庶民。

そんな鬱憤を庶民はフィクションを見て晴らしたつもりになって

感動しておしまい。

嘘っぱちの感動話を作るより、真実ありのままを描いたほうが

社会はより良い世界に近づくのではなかろうか?
posted by gaag at 22:29| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

残ったモヤモヤ

「半沢直樹」最終回、視聴率は40%超えると思う?

人気ドラマ「半沢直樹」は9月22日に最終回を迎えます。
2011年に放送され、最終回の視聴率が40.0%だった「家政婦のミタ」を超えるか注目されていますが、あなたは、「半沢直樹」最終回が視聴率40%を超えると思いますか?

ドラマ高世帯視聴率番組 - ビデオリサーチ

*******************

大和田が半沢に土下座したときには

ほとんどの視聴者はスッキリしたかに思えたけど、

最後の辞令で少しモヤモヤが残ったのではないだろうか。

これは次回作への布石なのか、

銀行業界に対する皮肉なのか分からないが、

嫌な気持ちが残った。

posted by gaag at 07:00| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする