2017年08月10日

過ちを繰り返しそうな安倍内閣

安倍首相、核禁条約「我が国のアプローチと異なる」

8/9(水) 18:29配信

朝日新聞DIJITAL


 安倍晋三首相は9日、訪問先の長崎市で、国連で採択された核兵器禁止条約について「条約は、我が国のアプローチと異なるものであることから、署名、批准を行う考えはない」との方針を改めて示した。

同市で開かれた平和祈念式典などに出席した後の記者会見で語った。首相は「真に『核兵器のない世界』を実現するためには、核兵器国の参加を得ることが不可欠だ。しかし、条約には核兵器国が1カ国として参加していない」とし、「核兵器国と非核兵器国の隔たりを深め、『核兵器のない世界』の実現をかえって遠ざける結果となってはならない」と主張した。

*************************************

核兵器の無い世界の実現を遠ざけているのは、

実は、

核保有国の、核抑止力があるという洗脳状態から解放されることの無い、

幼稚でエゴイスティックな核保有国指導者とその足軽である。

もっと分かりやすく言えば、トランプ政権と安倍政権である。

もはや核抑止力など存在しない。

北の残虐で傲慢な指導者が核を玩具にしてる今は

突発的偶発的事故で、いつ衝動的にボタンを押されてもおかしくない状況だと思う。

アメリカにはそれを望んでいる勢力もいると思われるし、

核の被害者でありながら、加害者の言いなりになって、

トランプに会議に出席するよう要請する事すら出来ない

政党に日本を任せてはいけない。


posted by gaag at 00:19| 長野 ☀| Comment(0) | 来世は畜生界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。