2017年07月07日

本当の改造とは〜安倍総理が有言実行の政治家なら

内閣改造8月初旬にも 稲田防衛相は交代の方向

7/7(金) 7:42配信

朝日新聞デジタル


 安倍晋三首相は内閣改造と自民党役員人事に8月初旬にも踏み切る方針を固めた。東京都議選の惨敗を踏まえ、早期に人事を刷新し局面を転換する必要があると判断した。首相は主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)などに出席するため欧州を歴訪中で、12日に帰国した後、速やかに人事の構想固めに着手する。

 複数の政権幹部が明らかにした。安倍政権をめぐっては、首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題や、首相の側近である稲田朋美防衛相らの問題発言などに批判が集中。報道各社の世論調査で内閣支持率が軒並み下落し、2日投開票の都議選では自民党が過去最低を大きく下回る23議席の獲得に終わった。

 加計学園などの問題では、首相らの説明が不十分とする世論の批判が根強く、野党は臨時国会の早期召集を求める。政権内でも、9月上旬〜中旬に臨時国会を召集せざるを得ないとの見方が浮上。8月初旬に新たな態勢を固め、新閣僚らが国会対応で準備する期間を、一定程度設ける必要があるとの判断も働いた。首相に近い政権幹部は「なるべく早く態勢を立て直さなければいけない」と指摘。政権内でも批判が高まっている稲田氏は交代させる方向だ。

*********************

稲田氏もだが、まず御自身が加計学園優遇工作の事実を認め、岩山のてっぺんから

降りることがスジだと私は思う。

posted by gaag at 21:43| 長野 ☀| Comment(0) | どーでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。