2017年05月04日

前代未聞の水戸黄門

連休2日目の今日は、これから建てる倉庫の基礎伏せのお絵描きで引きこもって

いたので、昨日から水戸黄門の再放送を見ることができましたが、

嬉しい事に今回の再放送は、今まで一度も見た事無かった、助さんが杉良さんの最初の

シリーズで、出演者の若さもだけど、出演者の顔ぶれ、演出等、色々斬新な刺激があり、

マジ楽しんで観ております。今日の話は田中邦衛さんが悪人の浪人役で、最後切られて

死亡という、今では考えられない結末で、更に、これも初めてだと思うけど、

黄門様が最後の最後まで、関わった人達に自分の正体を明かさずに別れるという、

これまた私にとっては前代未聞の結末でした。更にもう一ついえば、浪人たちが切られた後、

額に赤い切断傷を見せるという、これも今では有り得ない演出だと思いますが。

明日までの休みだけど、いつでも森林浴も温泉も行ける私としては、

佐久バルーンフェスティバルには2回行ってるし、どこ行っても混雑してるイベントに

行くよりも、家でノンビリ黄門様見てる方が無駄に体力もお金も使わないので

明日も見るつもりです。既に山や道路では事故が幾つも発生してるように、

人の集まる処には、無理して行くのもどうかと思いますので。

posted by gaag at 17:40| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。