2017年05月03日

見解の相違

某評論家は、空母や潜水艦の、これ見よがしなアメリカの示威行動は北に対する圧力で、

戦争を想定したものではないと認識しているようだが、私は逆で、対話路線を示唆したり、

平和的解決を望んでいるかのようなイメージを偽装してはいるけど、これは世界からの批判を

かわそうという配慮で、実際は、日米韓の合同演習という挑発行為で北の暴発を誘発させ、

大義を捏造し、戦争を勃発させ、イラク同様の戦争特需をアメリカにもたらそう、というのが

アメリカの本当の意図だろうと感じている。

これが愚かな妄想である事を願ってはいるけど・・・

また、ノストラダムスさんのいう恐怖の大王とは、もしかしたら

核弾頭の事かもしれないとも・・・

世の中アホ指導者ばかりのせいで、ホント、嫌な事ばかり妄想する。

posted by gaag at 11:55| 長野 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。