2017年04月28日

このニュースの影響でもないけど

笑いの効能、がん医療で研究=免疫機能やQOL影響検証―大阪国際がんセンター

時事通信 4/27(木) 18:54配信


 大阪国際がんセンターは27日、笑いががん患者の免疫機能や生活の質(QOL)に与える影響を医学的に検証すると発表した。関西に拠点を置く芸能事務所の松竹芸能、米朝事務所、吉本興業が協力する。患者に落語や漫才を鑑賞してもらい、血液検査で変化を調べる全国初の取り組みで、研究成果は国際学術雑誌に公表する予定だ。

 記者会見した研究責任者の左近賢人病院長は「がん患者は肉体的、精神的なストレスを感じやすい。笑いが本当に効果があるのか科学的に解明したい」と意気込みを語った。

 研究に参加するのは、がんで通院中の患者70人と看護師ら。5月から4カ月間、2週間ごとに同センター内のホールで桂文枝さんや桂ざこばさんの落語、オール阪神・巨人さん、海原はるか・かなたさんの漫才など計8回の公演を楽しんでもらう。

 期間中に血液検査を5回行い、白血球の数やストレスの程度を示す数値の変化を調べる。また、QOLを調べるアンケートも実施する。

 研究では、患者を前半4回の公演だけを見るグループ、後半4回だけのグループ、全8回を見るグループに分け、血液検査でどのような数値の違いが出るのかも調べる。

 協力する落語家の桂文珍さんも会見に同席し、「笑いで元気になったという話は聞く。私の落語で患者さんの数値が悪くならないように頑張りたい」と笑いを誘った。

*******************

昨日ラジオで聴いたロケット団の漫才の余韻が続いていて、いつもならyoutubeで音楽の

徘徊するものを、今日は漫才徘徊しております。

最近のテレビで芸人といえば、テレビの司会とか雛壇要員とかクイズの解答者が主な仕事に

なりつつあるけど、本業で芸人同士が競い合えるような、お笑い番組の復活を期待してます。

アホ指導者軍が世界の世相を暗くしてる中、

ガンに効果があるという検証の結果を待つまでもなく、世の中にもっと笑いを拡散するのは

テレビの使命でもあると思うのですが。


posted by gaag at 00:12| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。