2017年04月23日

テレビの力

小林麻央 再入院を報告「家で回復…難しい」「ご心配をおかけし申し訳ありません」

デイリースポーツ  4/22(土) 17:21配信



 がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が22日、ブログを更新。再入院をしたことを明かした。麻央は今年1月29日に退院し、自宅から通院する形で治療を続けてきたが、今月に入り、痛みが激しくなり、19日のブログでは「ここずっと一日中横になっている毎日でした」「10歩歩くのもやっと」などと体調がおもわしくないことを明かしていた。

 3日ぶりに更新したこの日のブログで「皆様 ご心配をおかけし申し訳ありません。そして、優しい励まし、強い祈り、本当にありがとうございます。短期間入院をすることにしました」とベッドの上でピンクのパジャマにマスク姿の写真を掲載し、再入院を報告。

 「具合悪いほど家族と離れたくない気持ちが増して家で回復させたかったのですが、今は、自分の力では難しいので、医療の恩恵を受けて、元気になりたいと思います」と再び家族の待つ自宅に戻ることができるよう、決断したことをつづった。

 麻央は昨年6月に乳がんを公表。9月20日に乳がんが肺や骨に転移していることを明かした。9月末には生活の質(QOL)向上のための手術を受け、10月3日にはがんがステージ4であることを公表。10月、11月は自宅から通院しながら放射線治療などを受け、クリスマス前に入院。今年1月29日に退院し、自宅で過ごしていた。

 今月9日のブログで「ここ数日、息切れとしんどさに襲われ」と書いていたのを発端に、体調不良の書き込みが続き、ブログ更新も滞ることが多かった。

************************

東京に比べチャンネル数少ない信州の昨日の番組は、全然興味の無い、

芸能界のどーでもいい裏話に、「IQサプリ」のパクリの様なクイズ番組その他、

ホントに最近のテレビ番組は面白くない。予算が少ないせいだか、

芸人集めて面白い事言わせて、お茶を濁す的な番組が多すぎる。

最近良いなと思う番組は「世界ニッポン行きたい人応援団」だ。

昨日のアルゼンチンから沖縄舞踊を学びに来た若い娘の道中記では

人間が本来持ってるはずの優しさ思いやりを再認識することができて、

見てる者をホントに暖かい気持ちにさせてくれたし、また、こういう番組で

違う国の者同士が、お互いの文化の違いを認め、理解して共有していける機会が

増えることは、将来の国際交流を円滑に進める上でも意義があると思うし、

アホ政治家に外交を任せるよりも遥かに有益な番組だと思う。

で、小林さんの件だけど、

奇跡を信じる私としては、テレビの公開生番組で、視聴者に呼びかけ

小林さんの回復を、スタジオと同時に皆で一斉にイメージするという

実験的特番をやったらどうかと思う。祈りは人間にも、体の細胞、原子にも

働きかけ、きっと良い結果をもたらすものと信じているのだが。

ちなみに、私は祈るときは、いつも地球と太陽から祈りの対象に意識が注がれ、

改善していく過程をイメージするようにしている。ただ、それは1人のイメージでは

力が小さく、効果も小さい。けど、それが大きくなればなるほど奇跡に近づくと私は思う。

posted by gaag at 02:47| 長野 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。