2016年04月30日

ありがとうございました、そしてお疲れさまでした

円楽 歌丸の「笑点」降板にぼう然 死ぬまでやったらいいと思っていた

 落語家の桂歌丸(79)が30日、東京・後楽園ホールで行われた日本テレビの人気番組「笑点」の50周年記念スペシャル(5月15日放送)の公開収録に参加。5月22日に行われる生放送をもって、同番組の司会から降板することを発表した。番組内での掛け合いが名物となっていた三遊亭円楽(66)は「(降板を)聞いた時は、ぼう然というのが本当でした」と声を震わせた。(デイリースポーツ)

*********************

故小円遊さんとの掛け合いの頃から見てたから、45、6年以上になるでしょうか?

毎日曜の楽しみだった笑点の名司会者が居なくなるのは本当に寂しいです。

解答者としても、司会者としても、歌丸さん以上の落語家はいないのでは?

でもこれも時代の流れで、嫌でも必ずやってくることだから、仕方のないことです。

ありがとう、お疲れさま、と言って卒業祝いとして、送り出してあげたらいかがでしょうか。

posted by gaag at 18:23| 長野 ☀| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。