2017年08月12日

大きなお世話かもしれませんが

ジェットコースターにはねられ作業員死亡…大分

8/12(土) 18:38配信

読売新聞


 12日午後3時半頃、大分県別府市の遊園地「城島高原パーク」で、木製ジェットコースター「ジュピター」の点検作業をしていた男性作業員2人が試運転中のコースターにはねられた。

 1人が死亡、1人が病院に搬送された。来園者にけがはなかった。

*******************************

私達は明日から4日間のお盆休みに入りますが、巷ではすでに帰省ラッシュが始まっていて

お盆休み真っ只中のようです。

しかし、毎年恒例の慰霊を主な目的とする行事でありながら、今年も建設現場での転落事故や、海、川の事故、そして今日の事故と、死亡事故も恒例になっていて、

連休が悲しみを産み出す行事になっている現実を残念に思います。

特にジェットコースターや建設現場での事故では、作業において

安全作業マニュアルというものが存在しなかったのか、疑問に思いますが、

海や川で遊ぶ際にも、予測される危険を親や海や川を管理する者がマニュアル化して

連休前にでも、テレビ広告やその他のメディアを利用して、

ちょっとしつこいと言われる位、十分国民に認知させておく必要があると感じます。

20年前に仕事中の転落事故で来世に行きかけた経験のある私には他人事には

思えません。

思いもよらぬ事故で他界された方々には、ご冥福を祈ります。

posted by gaag at 20:31| 長野 ☁| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする