2017年08月03日

北=米

米、ICBM発射実験=北朝鮮の脅威念頭

8/2(水) 20:54配信

JJ.com


 【ワシントン時事】米空軍は2日、西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行ったと発表した。

 米本土を射程に収めるICBM開発を急ぐ北朝鮮の脅威を念頭に置いたものとみられる。実験は数週間以上前から予定されていた。

 空軍傘下の地球規模攻撃軍によると、核弾頭搭載可能なICBM「ミニットマン3」の精度などを確認するのが目的。同日午前2時(日本時間午後6時)ごろに発射されたICBMは約6700キロ飛行し、マーシャル諸島付近に落下した。

 同軍は声明で「北朝鮮のICBM発射を受けた実験ではない」としつつも、「米国の核兵器が自国と同盟国への攻撃に対する抑止と防衛に対応できることを実証した」と述べた。 

****************************

海洋汚染の報道合戦、挑発合戦で、平和を維持できると思っている事が

哀れという他無い。

マーシャル諸島付近の漁師に危険は無いのだろうか?

この2国の醜態は他の銀河社会では嘲笑の的だろう。

posted by gaag at 06:40| 長野 ☁| Comment(0) | 来世は畜生界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何かおかしい

最後に小諸発電所第一調整池に行ったのが、先月の九日。

もう3週間も行ってなかったので、昨日夕方、サンピアへ行く途中

寄って様子を見てきた。そろそろ野鳥も例年どおり居るに違いない、

ブルーベリーも熟して食べられるに違いない、と期待して行ったものの、

状況は九日と大して変わらなかった。去年の今頃、池の浮島には

↓この位ダイサギが居たのに、

DSC02756.JPG

昨日の浮島にはダイサギはゼロ。黒っぽい鵜のような鳥が

10羽前後居ただけ。ブルーベリーは、実はたくさん成ってはいたけど、

色はまだ緑色で、九日と、ほとんど変わっていないし、

触ってみても堅くて、とても食べられるものではなかった。

何だろう?この去年との違い。気候のせいだろうか?

信州佐久地方は梅雨明け以降、スッキリ晴れた日がまだ無い。

だから夜サンピアへ行っても、星空を楽しむことが、まだ出来ない。

昨日の露天風呂も、北風が強いし冷たいし、4月並の肌寒さ。

この一週間、露天風呂から見る浅間山が、いつも雲の中、というのも

初めての事のように思うし、今年は何か変。

日本各地に日替わりで豪雨被害が移動してたり、地震多発地帯も

あちこち移動してるようだし、今年はまだまだ何かが起こりそう。


posted by gaag at 06:18| 長野 ☁| Comment(0) | 信州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする