2017年05月07日

心配な子供

我が家の長男長女ではなくて、裏家の年中か年長位の子供の事ですが。

短くても1年以上、多分もう2年くらいになると思うけど、一向に収まる気配を

見せない爺孫紛争。平日は時々、休日では8割5分位の確率で勃発する

騒動ですが、今日もいつもどおり、スケジュールがあるかの如く始まっております。

ただ、今日いつもと違うのは、爺孫の対決に混じって参入してきた婆の存在。

爺孫の絶叫の合間に婆の絶叫が聞こえてきたと思ったら、次の瞬間には

笑い声。何だろう?この家族。原因はおそらく孫の無謀と思える行動だと思いますが、

状況を実際に見ていない隣人からすれば、何とも異様な騒動に聞こえます。

心配の種は普通、親や爺婆が注意すれば、孫は言う事きいて我慢するものだと

思うのですが、ここの孫はマジ逆切れして爺に「バカ!」と何度も言って、しばらく

爺と言い争いをするような、他所では見た事無い子供なのです。

普通子供は成長段階で、何度か反抗期があるといいますが、

反抗は次第に我慢へと変わり、大人になっていくものだと、自分の経験からそう

思っていましたが、このような我慢する事を知らない子供がこの先どうなってしまうのか、

すごく心配です。

全く根拠の無い推測ですが、時々発生する若者の無差別殺人は、この様な孫が成長した

延長線上にあるような気がしてならないので。

毎週勃発する紛争の五月蝿さは、普天間基地からすると微々たるものだうけど、

以前住んでた村が静かで最高だっただけに、また元に戻るか、また新たな

逃亡先を探すか、などと・・・・

ホントに毎週毎週嫌になります。

posted by gaag at 13:09| 長野 ☁| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーさんのピアノ

Lou Martin - Lou's Blues


今年のGWは例年以上と思える位、山の事故、水の事故、道の事故、殺人、自殺、火事

痴漢等の事件事故が多く、本能を失った人間復活の道遠し、を思わせる、災いのフルコースを標高800m付近から眺めている者が、稚拙に見えると言っては不謹慎でしょうか?

そんな事を思いながらパソコン開きyoutube徘徊すれば、私へのおすすめに

ルーさんのピアノが初登場する。今まで何度も聴いてるのに、おすすめされるのは初。

ロリーさんのバックで弾いててフアンになったルーさんですが、既に他界されてたとは

知りませんでした。青年期初期の頃購読してた、ヤングギター、ミュージックライフ、

プレイヤーも青年期中期となってからは全く読んでいないので、そういった情報を得る

手段も無く、ロリーさんの他界もルーさんの他界も、知ったのは5、6年も経ってからです。

遅ればせながら、ご冥福を祈ります。

posted by gaag at 09:28| 長野 ☁| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする