2017年04月18日

無知?健忘症?認知症?

米副大統領、対北朝鮮「力で平和達成」=安倍首相、トランプ政権の姿勢評価

(時事ドットコムより)
安倍晋三首相は18日午後、ペンス米副大統領と首相公邸で会談した。北朝鮮の核・ミサイル開発への対応について、ペンス氏は「米国は平和を追求しているが、平和は力によってのみ初めて達成される」と述べ、軍事力行使も排除せず厳しい態度で臨む考えを強調。首相も「北朝鮮が真剣に対話に応じるよう圧力をかけていくことが必要だ」と主張した。

 ペンス氏は、この後に行われた日米経済対話後の記者会見で「北朝鮮が核開発を放棄するまで圧力をかける。全てのオプションがあり得る」と指摘。「中国を含め国際社会が団結して経済的圧力をかけることで朝鮮半島の非核化を実現する」とも語った。
 会談で首相は、トランプ政権の強い姿勢について「評価する」と表明。さらに、「日米同盟の強固な絆は揺るがないと明確に示していきたい」と強調した。
 これに対し、ペンス氏は「日本が絶えず挑発の中に置かれている厳しい状況を理解している。米国は100%日本と共にある」と述べ、緊密に連携していく考えを示した。「日米同盟は北東アジアにおける礎石だ」とも語った。
 首相とペンス氏は、北朝鮮問題で中国にさらに大きな役割を果たすよう求めていくことで一致。ペンス氏は「中国は問題をきちんと理解し、同じ行動を取ってもらえる」との認識を表明した。この発言について、萩生田光一官房副長官は会談後、「ペンス氏は米中が意識を共有しているとの感触と、中国がさらなる圧力につながる対応を取るとの期待を示した」と記者団に説明した。
 一方、北朝鮮が近く6回目の核実験に踏み切るとの観測も出ているが、米側からその場合に軍事行動に踏み切るかどうか説明はなかった。会談では中国の東シナ海への海洋進出についても意見交換し、ペンス氏は沖縄県・尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用範囲だとの認識を表明した。
 1月のトランプ政権発足後、ペンス氏の来日は初めて。会談は首相主催昼食会の形式で約60分間行われ、岸田文雄外相や世耕弘成経済産業相、米側からはロス商務長官らが同席。その後、岸田氏を含む少人数で約35分間議論した。 (2017/04/18-19:16)

*******************

力によって平和が達成された例があるなら教えてほしい。

イラク、アフガニスタンは現在平和になったという認識なのだろうか?

副大統領がこの程度のアメリカは終わったも同じ。

また、それに追随して、よいしょする、わが国首相も完全に我を失ってる模様。

この内閣を支持する有権者が50%に達するという日本も(以下省略)

posted by gaag at 21:45| 長野 ☀| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東大卒立候補禁止法案

山本地方創生相「学芸員はがん」発言撤回し陳謝

読売新聞 4/17(月) 10:16配信


山本地方創生相は17日午前、「学芸員はがん」などとした16日の発言について、「適切ではなかった。撤回しておわび申し上げる」と陳謝した。

 都内で記者団に語った。17日朝に菅官房長官に発言を撤回する意向を伝えたという。山本氏は記者団に、「文化が大きな観光資源になるので、学芸員の方々も観光マインドをもってもらう必要があるという趣旨だった」と説明した。

 山本氏は16日に大津市で開かれた滋賀県主催の地方創生セミナーで、「文化観光を進めなければならないが、一番のがんは学芸員という人たち。一掃しないといけない」などと発言した。
*************************************
相次ぐ東大卒先生の問題発言に国民は対外的にとても恥ずかしい思いでいるのでは?
国民も東大卒という肩書きの先生は、役に立たない情報をインプットしすぎた代わりに
大事な事をインプットし忘れたと思い始めていることだろう。
いっそのこと、東大卒は政治家に立候補できないという法案を作ってはどうだろう?
どう見ても、政治家に限って言えば、学歴と人格が比例していない。
posted by gaag at 12:40| 長野 | Comment(0) | どーでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮を攻撃しよう

拉致「誰も関心ない」=残留日本人問題は「取り組む」―北朝鮮大使

時事通信  4/17(月) 19:59配信


 【平壌時事】北朝鮮の宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使は17日、平壌で記者団に対し、北朝鮮が日本人拉致問題などの再調査を約束した2014年5月の日朝ストックホルム合意について「既に無くなった」と改めて訴えた上で、拉致問題に「誰も関心がない」と主張した。

 
 宋大使はまた、日本人拉致被害者らの再調査を担当した特別調査委員会について「解体された」としたが、「日本側から要望があれば、人道問題として残留日本人問題に取り組む用意がある」と呼び掛けた。戦前に現在の北朝鮮領内にいて、戦後も帰国していない残留日本人の問題については取り組む姿勢を示した。

 さらに、「朝鮮半島で戦争の火がつけば、日本に一番被害が及ぶ」と強調。日本政府が輸出入全面禁止などの対北朝鮮制裁を解除すれば、「政策変更のメッセージとして受け止める」と述べた。 

********************************

情報という爆弾で。

拉致問題をはじめ、大韓航空機爆破、金正男暗殺、喜び組等、金一族の

国民には知らせてないだろう情報を何らかの手段で国民に知らせる事によって、

洗脳状態にある国民を目覚めさせていく、という選択肢も政治家は検討すべきだ。

以前韓国がビラをまいたり、大音響スピーカーでそれを試みたこともあったが、

それは国境付近に限定され、あまり有効ではなかったが、

もっと有効的な爆弾を知恵を絞って考え、投下すれば、アメリカのミサイルより

もしかしたら効果があるのでは?



posted by gaag at 12:25| 長野 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本が荒れる訳

安倍内閣>止まらぬ閣僚の失言 「1強」が緩みに

毎日新聞 4/17(月) 21:52配信

20170417-00000092-mai-000-9-view.jpg

 安倍内閣の閣僚らが発言を問題視され、謝罪・撤回に追い込まれるケースに歯止めがかからない。山本幸三地方創生担当相は17日、「一番のがんは文化学芸員」などとした発言を撤回し、謝罪した。7日には東京電力福島第1原発の自主避難を「本人の責任」とした今村雅弘復興相が発言を撤回したばかり。政権の緩みが露呈している。

 山本氏は16日、大津市で開かれた地方創生に関するセミナーで、学芸員について外国人観光客らへの文化財などの説明、案内が不十分として「学芸員を一掃しないとだめだ」などと批判した。

 山本氏は17日、国会内で記者団に「言葉が行き過ぎたことは反省しており、撤回しておわびを申し上げたい」と述べたうえで「地方を元気にするために全力を挙げて頑張っていきたい」と続投に意欲を示した。

 官邸幹部は「特に地方に行った時は危ないから気をつけてくれと言っている。ウケを狙ってサービスしたくなってしまう」と閣僚の緩みを不安視する。北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射に対する警戒態勢を続ける中、政権の命取りになりかねないためだ。

 報道各社の世論調査では内閣支持率が軒並み5割を超え、野党の政党支持率は低迷している。「安倍1強」と言われる状況が長期化し、変化の兆しも見えないことが、政権の緩みという形で表れている。

 政権の要である菅義偉官房長官は17日の会見で「閣僚は常に閣僚としての責任をもって発言してほしい」と強調。懸命に引き締めをはかっている。しかし、政府・与党内では山本氏の発言を問題視しない意見が大勢だ。

 安倍晋三首相は同日の衆院決算行政監視委員会で「国家としてあまりに無礼」と追及する民進党の山尾志桜里前政調会長に対し、「山本氏が謝罪し撤回したと聞いている」とそっけなかった。自民党の二階俊博幹事長は会見で、既に謝罪・撤回されたことを踏まえ、「これ以上コメントするつもりはない」と早々に幕引きを図った。

 民進党の野田佳彦幹事長は17日の記者会見で「これだけ異常な発言が続くということは政権としては緩みがあると言わざるを得ない」と国会で追及する考えを強調した。共産党の小池晃書記局長は「一掃すべきはこういう閣僚だ」と辞任を要求した。【遠藤修平、樋口淳也】

****************************************

詐欺、虐待、不正請求、万引き、政治資金流用、梅毒患者激増、挙げたらキリがない官民の堕落もだが

年々信用も能力も世界の中での存在感も低下してる自民党内閣が、依然として多数の有権者に

支持されてるような、政治に対する鈍感さが、70年前と同じ過ちを繰り返そうとしてる日本に対する

警鐘というか、天罰を招いているような気がする。とはいっても、自民党に変わる新しい時代の

受け皿になるような野党が無いというのも、日本の悲しいところではあるけど。

posted by gaag at 02:24| 長野 | Comment(0) | 天罰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする