2017年04月16日

無責任な戦争を知らない世代

危険を承知でも日本はトランプを支持するべき --- 八幡 和郎

アゴラ 4/16(日) 17:12配信


ミヤネ屋をみてたら、媚朝派ともいえないコメンテーターたちが、アメリカが行動を起こさないかばかり心配していたが、いま、アメリカが北の核実験などを見てもスルーしたら、来年、平和への脅威は減るのか聞きたい。

ありえない。

相対的には、今年、リスクを犯しても、また、犠牲を払っても北の暴走を止めた方が良いという意見に反論できるのだろうか。

私はもともと対北強硬派ではない。金正日ならまだしも話し合いで問題を解決する手がかりはあったし、中国などあてにせずに北と交渉すべきだといってきた。

しかし、金正恩相手には、話し合いするにしても、とりあえず、鼻っ柱を折ってからにするべきで,

その意味で、トランプの強硬策に対して日本としてネガティブに反応する理由がない。

本当にアメリカは怖いというのを金正恩が理解しているか疑わしいからだ。

私は、かつて、半島担当課長をい霞ヶ関でしていたが、アメリカも韓国も漢江を防衛線にするしかないといっていた。停戦ラインから雨あられと打ち込まれたら防ぎようがないからだ。

だから、世宗特別市(忠清南道)に首都移転しようとしたのに、ソウルの不動産所有者の圧力で最高裁に止められた。

その時点で、ソウルが火の海になる可能性はかなり高いのは覚悟の上だ。ソウルの人口のうちどれだけが漢江を渡れるかの勝負だ。朝鮮戦争のときは、李承晩が漢江の橋を爆破してたいへんな犠牲者が出たが、そのときより状況がよくなっていることはない。

八幡 和郎

*****************

ずいぶんと大胆な意見を公言するお方だな、と思ったけど、もし、

北の核実験〜アメリカの武力攻撃〜北の反撃〜韓国日本で被害者

という展開になった時、八幡さんは責任をとるつもりはあるのだろうか?

もし無いのなら、このような発言を公にするのは控えた方がいい。

八幡さんは私と同じ戦争を知らない世代だが、武力行使によるリスクも効果も

そんな生易しいものではない。どちらにも取り返しのつかない悲劇をもたらす。

できればというか、絶対避けなければいけない選択肢だと私は思う。

一度崩れだした土石流は最低ラインまでたどり着かないと止まらない。

日本の安全な場所で言う意見には説得力が無い。



posted by gaag at 18:08| 長野 ☁| Comment(0) | 思考停止 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いるの?いないの?

昨日聞こえて帰ってきたかと思ってたウグイスだけど、何故か今日はまた歌が

聞こえてこない。聞こえてくるのは

爺 「M!!」(孫の名前)

   「*******!」

孫 「何で*******だよ!」

爺 「*********!」

孫 「********!」

爺 「*******!」

孫 「バカ!」

という、日曜はほぼ毎週、連休中は平日でも時々聞こえてくる、

我が家裏のK・S家の絶叫劇場

もう2年くらい続くロングラン公演、いつまで続くのだろう?

知らない人が傍から見れば虐待とも受け取られかねない大騒ぎだ。

 遺伝というのか、ここの家の爺婆戦争も物凄い騒ぎ。

しかし、対外的には温和な感じで、よく野菜もらったりもしてるので、

児童相談所に相談するというレベルでも無く、対応に苦慮するところだ。

孫が成長すれば自然と最終回を迎えると思っていたけど、まだまだ続きそうショボーン

それよりも今年のウグイスは何かおかしい。

posted by gaag at 15:49| 長野 ☁| Comment(0) | 信州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SESSIMEさんの歌

Paix et Unité


人間は爆弾を創るために生まれてきたわけじゃない

未来を創造するために生まれてきた

みたいな事を歌っているのだろうか

posted by gaag at 13:07| 長野 ☔| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悲しみと怒りと不安

リンさん殺害事件 同級生の父親を逮捕

ホウドウキョク 4/14(金) 16:36配信


千葉・我孫子市で3月、9歳のベトナム人の女の子が殺害されているのが見つかった事件で、警察は死体遺棄の疑いで、女の子の通っていた小学校の保護者会の会長で、46歳の男を逮捕した。

逮捕されたのは、松戸市の不動産賃貸業・渋谷恭正容疑者(46)。

****************************

これほど意外な人物による犯罪は、過去に類を見ないものだと

誰もが思ったことだろう。マスコミでは連日犯人に関する報道が

繰り返されてるが、これまでの報道の中で一度も取り上げられていないと

思われる奥さんや子供の心情を想像すると、怒りや悲しみの感情に、

心配の気持ちが加わる。それは、奥さんや子供に対してだ。

おそらく奥さんや子供にとっても、突然身に降りかかった災難であるに違いない。

(と思いたい)であると仮定しすれば、当然子供は学校に行けなくなったり、たとえ

行ったとしても、強力ないじめを受けることが想像できるのが、現代日本の教育水準の

現実だし、奥さんだって同様に、人の目を気にして外を歩くことも苦痛になり、近い将来、

居場所を求めて引っ越しを余儀なくされるだろうと考えるのが普通だ。

しかし、それで終わらないのが今の日本の悲しさ。どこへ行ってもマスコミや人の目が

付いて回り、彼らが安静な日々を取り戻すのは容易な事ではないだろう。

家族だから責任が全く無いとは言えないだろうが、こうした異常な犯罪を予見する事を

求めるのも無理と言わざるを得なく、犯人容疑者と家族を同列で考えるのも気の毒だ。

こうした犯罪が起こる度に起こる、全く関係の無い人からの心無い電話やメール、

書き込みといった醜い行為が、今回の事件の悲しみを増幅しないことを祈ります。

posted by gaag at 02:24| 長野 ☔| Comment(0) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする